過去のブログはこちら


~ 竹富島ウェブログ ~

 

2022年2月18日

ゆがふ館で頒布している書籍のご紹介(その3)

ゆがふ館で頒布している書籍のご紹介。
今回は、日本民藝協会が発行している機関誌、
月刊『民藝』をご紹介いたします。

月刊『民藝』は、
1939年(昭和14)4月に発刊し、今月で通巻829号を数えます。
日本各地の伝統工芸品や民芸品の作り手のご紹介、
作り手や使い手の言葉を通じて、各地域の伝統工芸品の保存継承を担っています。
使い込んでいくうちに洗練されていく「用の美」を追求し、
モノづくりの美しさ、大切さを発信していると言えるでしょう。

竹富島と日本民藝協会との結びつきは古く、
民芸運動の担い手のひとりであった
元倉敷民芸館長の外村吉之介先生が、1957年(昭和32)に竹富島に来島して以降、
ミンサー織をはじめとする織物や民具類を全国に紹介するほか、
1971年(昭和46)年の外部資本による土地買収に端を発した、
まちなみ保存の活動にも力を貸してくださいました。

そして、何よりも大切なことは、
「古いものは宝であり、これを遺し、繋いでいく」という
竹富島の考え方を称賛し、物心両面で島民の暮らしを支えてくれたことです。

ゆがふ館で月刊『民藝』が頒布されるきっかけとなったのは、
2009年4月に竹富島で第131回日本民藝夏期学校が開催されたことです。
沖縄を代表する写真家のひとりである、
大塚勝久さん撮影の「布晒し」が表紙となった通巻675号は竹富島の特集で、
ここからご縁が生まれまています。

なぜ“観光地”の竹富島に月刊『民藝』が頒布されているの…
と意外なお問い合わせをいただきますが、
竹富島は、「民芸の島」としても沖縄県内で知られています。

(ta)

2022年2月8日

館内事務所工事のお知らせ

竹富島ゆがふ館ご来館予定の皆様へ

本日(8日)より2月末日の工期で、
ゆがふ館事務所内の防腐剤塗布作業に伴い、
事務所をカウンター前に移動しております。
館内が手狭になるため、
ご来館の皆様方へは何かとご迷惑をお掛けするかとは存じますが、
ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

西表石垣国立公園
竹富島ビジターセンター運営協議会

2022年1月3日

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、

5月23日から9月30日まで、4カ月以上も休館を余儀なくされましたが、

緊急事態宣言解除後、以前と変わらぬ来館者が戻りつつあります。

 

今年は、開館から18年目を迎えますが、

施設の経年劣化に伴う修繕作業を計画しております。

訪れる皆さま方には大変申し訳ございませんが、

その節はご容赦くださるようお願い申し上げます。

 

展示物も18年も歳月を経て、これまで以上に深みを増し、

訪れる皆様方の心に響くことでしょう。

 

これまで同様に、

竹富島の暮らしをご紹介する施設として、

訪れる皆様方が憩えるビジターセンターとして、

皆様方のご来館を心よりお待ち申し上げます。

 

西表石垣国立公園

竹富島ビジターセンター運営協議会

 

 

 

 

2021年10月4日

今年の種子取祭が始まりました。

令和3年度種子取祭が、昨晩より始まりました。

例年であれば、玻座間村・仲筋村の民俗芸能保存会

あいのた会・いんのた会・仲筋会の5か所でトゥルッキの儀式が行われますが、

今年は奉納芸能が行われないため、

各々によってトゥルッキの夜の迎え方が異なりました。

 

昨年も新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から

儀式を行わなかったり、大幅に縮小して行ったりとしましたが、

変異種が猛威を振るったなかで執り行われる今年のタナドゥイ。

 

いずれにしても、祭を迎えるにあたり、

島民は屋敷周りの清掃を行い、戊子の祈願を静かに待ちます。

昨年とはまた異なる令和3年度のタナドゥイのスタートです。

 

(ta)

 

2021年10月1日

ゆがふ館は開館しています!

緊急事態宣言もようやく解除され、

本日(10月1日)よりビジターセンターゆがふ館は開館しました!

しかし、

新型コロナウイルス感染症がピタリと収まったわけではないので、

いくつかのガイドラインを設けてご利用いただけるようにしております。

ご来館いただいた際は、

感染症の拡大防止にご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

  1.  ビジターセンター内が混雑しないよう、必要に応じて入場制限を実施します。
  2.  マスクの着用と対人距離の確保をお願いする場合があります。
  3.  2か所以上の窓を常時開放して換気を徹底いたします。
  4.  テードゥンコラムをはじめとする「触る展示」を休止いたします。
  5.  不特定多数が触る場所を定期的に消毒いたします。
  6.  入口に消毒液を設置していますので、来館者へご利用をお願いしています。
  7.  テードゥンシアターの利用者数を制限いたします。(最大25名まで)

 

西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター運営協議会

2021年9月30日

新型コロナウイルス感染症拡大防止緊急事態宣言解除に伴う竹富島ゆがふ館の開館について

謹啓 平素は竹富島観光にご協力をいただき、まことに有難うございます。

西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター竹富島ゆがふ館は、

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

日本政府による新型コロナウイルス感染症拡大緊急事態宣言を受けて5月23日より閉館しておりましたが、

緊急事態宣言解除の報道を受け、101日(金)より再開と決まりましたので、

皆様方へお知らせいたします。

 

今後につきましては、国内ならびに沖縄県内、八重山圏内の感染者状況を注視しつつ、

予定が変更になる恐れがあることを予めお伝えいたします。

 

なお、竹富島住民は、島内のパンデミック(感染爆発)が発生しないよう

高い意識を保ちながら生活しており、島内で感染者をひとりも出しておりません。

 

ひとえに、竹富島は小さな島ゆえ、

ひとりの感染が多くの住民を巻き込む危険性と常に隣り合わせの環境で暮らしているからです。

 

皆様方におかれましては、竹富島の取り組みにご理解をいただき、

引き続き感染拡大防止の注意喚起にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

 

敬白

西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター運営協議会

2021年9月9日

令和3年度種子取祭奉納芸能の中止について

去った9月5日、竹富公民館は、

令和3年度竹富公民館タナドゥイ議会(第3回議会)を開会し、

10月3日から10月12日まで挙行される

種子取祭の奉納芸能の中止を決定いたしましたので、

ブログをご覧の皆さまへお知らせいたします。

 

昨年度も奉納芸能は挙行せず神事のみ執行しましたが、

今年度は、前年度同様に執り行うことについては、

竹富公民館執行部と有志、神司の皆さまで話し合いがもたれます。

今年度は、新型コロナウイルスの変種株が猛威を振るい、

その影響で国の緊急事態宣言の延長が続いており、昨年度とは対応が異なるかもしれません。

 

ゆがふ館も現在も開館できず、

皆さまへ竹富島の暮らしをご紹介することが出来ず、大変残念に思いますが、

台風と同じで、暴風が吹き荒れる際は、

静かに過ぎ去るのを待つしかありません。

 

ブログをご覧の皆さまも、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めつつ、

おからだを気遣いながら、お過ごしくださいませ。

(ta)

 

 

2021年5月22日

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う休館について

西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター竹富島ゆがふ館は、

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

5月23日(日)より休館いたします。

開館につきましては、決定次第あらためて皆様方へお知らせいたします。

 

竹富島へご来島の皆様方におかれましては、

何かとご迷惑をおかけするかとは存じますが、

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

西表石垣国立公園

竹富島ビジターセンター運営協議会

2021年4月16日

令和3年度竹富公民館祭事・行事表

令和3年度竹富公民館祭事行事表が発表されましたので、

皆さまへお知らせいたします。

昨年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、

神事は執り行いましたが、奉納芸能は中止となり、

敬老会・米寿生年合同祝賀会も祝宴が中止となりました。

今年度も感染症の影響が懸念されますが、

今年は盛大に、タナドゥイの奉納を挙行したい。

そう願っています。

(ta)

 

 

2021年1月12日

絵画展開催中!

竹富町の小中学生を対象に毎年実施しているこの絵画コンクールは、
イリオモテヤマネコや竹富町に生息する希少動物の保護など、
自然環境への児童生徒の興味関心をはぐくむことを目的としています。

コンクールの入賞作を中心とした絵画作品の巡回として、
この度かりゆし館でも展示することになりました!

西表島自然保護官事務所の官野さんと石垣自然保護官事務所の神保さんが
竹富島まで作品を搬入し展示して下さいました。
お天気がすぐれない中、ありがとうございます。
子どもたちの作品のおかげで、館内が華やかになりました!

皆さま、じ~~っくりご鑑賞ください。
なかなかの力作ですよ!

「イリオモテヤマネコヤマネコと希少動物たちを守ろう」絵画コンクール絵画展
場所 竹富島かりゆし館
期間 令和 3年 1月 12 日(火) ~ 令和 3 年 1 月 21 日(木)


竹富島ゆがふ館 all right reserved..
(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)