April 26, 2013

新任教職員歓迎会

今夜は、
竹富公民館および竹富小中学校PTA主催による、
「平成25年度新任教職員歓迎会」
が竹富島まちなみ館にて開催されました!

0426kangeikai01.JPG

(ta)

今年度は学校長、教頭が新たに赴任し
新体制で新学期を迎えた竹富小中学校。
地域と触れ合う最初の行事でもあります。

0426kangeikai04.JPG
会場には多くの島民が集い、赴任された先生方を祝いました。

学校の児童生徒をはじめPTA、そして地域のみなさんと
様々な余興が提供され、
和やかに、さらに沢山の笑い声が聞こえた歓迎会でした。

0426kangeikai02.JPG
仲筋集落の子供たちによる「御前風」

0426kangeikai03.JPG
竹富中学校生徒による寸劇。
さて、2頭のヤギは一体いくらで売れたのでしょうか?

0426kangeikai05.JPG
新任教職員提供による「馬乗者」

0426kangeikai06.JPG
学校長8名?によるダンス (竹富青年会提供)

0426kangeikai07.JPG
あいのた会提供による○○体操


0426kangeikai09.JPG
竹富小中学校PTA会長の音頭による万歳三唱


投稿者 takidun :href="https://www.taketomijima.jpa.jp/blog/archives/001203.html">10:12 PM

April 18, 2013

ブー(苧麻)倒し

クンシャー(国吉屋)北側で行われたブー倒し。

SN3J0013.JPG

収穫したブーは皮を剥がして繊維を採ります。

その繊維は良質の糸となり、
私たちの
生活に欠かせないあらゆるモノにカタチを変えます。

(ta)

投稿者 takidun :href="https://www.taketomijima.jpa.jp/blog/archives/001202.html">11:31 AM

April 15, 2013

平成25年度竹富公民館祭事・行事表

4月15日に3集落ごとの月例会にて
発表された
「平成25年度竹富公民館年間祭事行事予定表」を、
ブログをご覧の皆さまにお知らせいたします。

Download file

竹富島の氏子が集うまつり、
「オンプイ」は7月25日
「ナーキ祝い」は12月15日

今年度で
第90回を迎える敬老会は9月8日

そして、
多くの人々が心待ちにしている
「タナドゥイ」は、
11月14日から11月22日まで。
そのうちの
11月20、21日が奉納の二日間となっています。


(ta)

投稿者 takidun :href="https://www.taketomijima.jpa.jp/blog/archives/001200.html">11:29 PM

『ゆがふ館だより』No.36発行しました。

『ゆがふ館だより』No.36発行いたしました。

今回の特集は御嶽(ウタキ)。
竹富島の六山(ムーヤマ)の神々をご紹介しています。

館内にて配布いたしますので、
ぜひご覧くださいませ。

DSC04204.JPG

投稿者 takidun :href="https://www.taketomijima.jpa.jp/blog/archives/001201.html">02:10 PM

April 13, 2013

カンビラキ (神開き)

「カンビラキ」
~新しく神司(カンツカサ)に就任すること。~

『竹富方言辞典』(前新透編・南山舎発行)より

竹富島には、島の神々と人々との仲介役を務める
カンツカサと呼ばれる女性の神職が居られます。
カンツカサは世襲で継承されており、
本来なら各御嶽に存在するのですが、
時代の流れとともに輩出が難しくなっています。
こうしたなか、
一昨年、玻座間御嶽(ウーリャオン)の神司が引退されたのち
空席となっていたウフツカサ(大司・神司の長のこと)でしたが、

http://www.taketomijima.jp/blog/archives/001018.html

昨日(4月12日)
玻座間御嶽の神司が新たに就任し、
島の神々にご紹介するとともに、
新たな門出を祝うカンビラキが行われました。

haaya01.JPG
神司を輩出する赤山屋(ハーヤ)の床の間(ザー)
左手には、赤山王を祀るザーが置かれている。

yomochikanbiraki.JPG
8時30分から各御嶽へ新たな神司の就任のお知らせを始める。
ムラオン(国仲御嶽~清明御嶽~西塘御嶽~世持御嶽)を全神司がそろって参拝する

nirankanbiraki.JPG
ムラオンを参拝後、神司はそれぞれの御嶽に報告を行うため二手に分かれる。
新神司は、仲筋御嶽神司とともに幸本御嶽と小底場、ニーランへと参拝する

uhrhakanbiraki.JPG
その後、玻座間御嶽とゆかりのある美崎御嶽、親泊御嶽の参拝を終えた
新神司は、玻座間御嶽へ就任のあいさつを行う。
その際、赤山屋の親戚をはじめ玻座間御嶽の氏子の皆さんが
神司のシンボルであるかんざしと神衣装を身にまとう姿を祝いました。

haaya02.JPG
玻座間御嶽氏子が主催する祝賀会にて
上座には赤山屋の方々と玻座間御嶽神司、下座には三集落の顧問、
上座東側(右手)には神司のみなさん、下座西側(左手)には竹富公民館執行部

これで、
島民の精神的な拠りどころであるムーヤマの御嶽
の神司も5名となりました。

「種子取祭」をはじめとする
今年度執り行われる竹富島の祭事は、
5名の神司が祈りを捧げます。

(ta)

投稿者 takidun :href="https://www.taketomijima.jpa.jp/blog/archives/001199.html">09:05 AM