June 23, 2012

慰霊の日

6月23日は、
沖縄戦の組織的戦闘が終結した日。

沖縄県ではこの日を慰霊の日とし、
戦没者の英霊を弔う日として公休日としています。
日本に復帰して40周年を迎えた県内では、
20万余名の尊い命が失われた
沖縄戦の悲劇を風化させないようにと、
各地で追悼式が執り行われています。

竹富島では、
世持御嶽北側の竹富町戦没者慰霊之塔前にて
第51回竹富町戦没者追悼式が執り行われています。

DSC03094.JPG

DSC03091.JPG

(ta)

八重山地方では,
米軍の上陸作戦が計画されていたものの、
実行されることはなく、直接の戦闘はありませんでしたが、
約3,600名の非戦闘員の尊い命が失われました。

なかでも、
“戦争マラリア”として国家賠償となった
波照間島住民の軍命による強制疎開の悲劇は、
西表島南風見田に遺された、
「忘勿石 ハテルマ シキナ」
によって、今もなお多くの人々に語り継がれています。

竹富島では、駐屯した独立歩兵301大隊第一中隊
大石喬隊長の正しい判断により、
波照間島に起こった悲劇はありませんでしたが、
今もなお機銃掃射のあとや塹壕などが残されています。

DSC03095.JPG
喜宝院で執り行われた大石隊戦没者追悼式


竹富町戦没者慰霊之塔には、
太平洋戦争で亡くなられた軍人・軍属128柱が祀られていますが、

~ここはもや 汝が古里ぞ 帰りきし
  みたま安かれ この島とともに ~

の鎮魂歌は、軍人・軍属ばかりではなく、
現在の豊かになった八重山をみることなく散華した
英霊すべてに捧げられています。

DSC03028.JPG

※ 八重山の戦争に関しては、
   『八重山の戦争』(大田静男著 南山舎発行)に詳細に記されています。

投稿者 takidun : June 23, 2012 10:09 AM