July 31, 2011

化粧なおし

集落を散策すると、
数多くの石碑・石像を見ることができます。
これらの多くが
大正~昭和期にかけて建立されたもので、
竹富島を支えた先人の業績や、
当時の生活を伝える貴重な記録として、
竹富島の景観に染み込んでいます。

(ta)

しかし、
亜熱帯地方特有の湿気を多く含んだ気候は、
石碑を保存する良好な環境とは決して言えません。
そのため、
語句の色や刻が剥げたり摩耗したりと、
文字が判別できなくなった石碑も少なくありません。

日露戦争に従軍した4名の無事の帰還と、
戦勝を祝して掘られた井戸、
ガイセンカー
【 凱旋井戸・キニンカーともいう。1906(明治39)年1月18日落成 】
の石碑に刻まれた文字は判読できなくなっています。

0609kininka01.jpg
ガイセンカーの石碑 正面 【東集落】

0609kininka02.jpg
ガイセンカーの石碑 裏面

しかし、
刻まれた文字にふたたび色が注がれ、
改めて言葉に命が吹き込まれた石碑もあります。

0609nishitosekihi.JPG
西塘御嶽の石碑 (6月9日)

0730nishitosekihi.JPG
西塘御嶽の石碑 (7月31日)

0730nishitoura.JPG
西塘御嶽の石碑裏面 (7月31日)

1957(昭和32)年に竹富壮年会によって建立された
竹富島最大の偉人、西塘大主を讃えるこの石碑は、
竹富島にとって重要な石碑のひとつ。

島人の想いはみな同じなのだ ・・・
と感慨深くなるほど、
心ある有志が言葉を甦られせてくれました。

先人に対する敬虔な心があるからこそ、
竹富島は美しいのです。

投稿者 takidun : July 31, 2011 02:08 PM