July 17, 2011

プイ (豊年祭)

西塘大主の感謝祭である
「西塘ばんはじり」の10日後にあたる
旧暦6月の2回目の
みずのえ・みずのとの二日間。
竹富島では、
豊穣感謝のプイ(豊年祭)が執り行なわれます。


(ta)

豊年祭は、
八重山の各地域で行なわれる祭で、
地域によって、「プール」「プーリン」「プイ」などと
呼び方が異なります。

竹富島のプイは、
古くから執り行なわれてきた形を残しており、
初日のオンプイでは、
氏神と渡来元の神がまつられている6つの御嶽に
氏子たちが集い、
島の神々に
竹富島を取り巻く全ての恵みに感謝します。
それは、
ひとりひとりの健康や心の平和、
訪れる人たちの幸せ。
とても大らかな世界観といってもいいでしょう。

翌日のトゥヌイプイでは、
竹富公民館執行部と神司が、
竹富島の主だった御嶽を参詣します。
ユーニンガイ (豊穣祈願)の意味合いも含んだ
トゥヌイプイでは、年に僅か2回だけ入ることを
許される小底場(クックバー)に上ります。


7月15日 午後9時頃 ~ プイ前日 花城御嶽 ~

0715muchanee01.jpg

0715muchanee03.jpg

0715muchanee02.jpg

プイの時にみんなで食べるムチャネ(ムチャニ)を作ります。
ムチャネは、もち米に粟や小豆などを炊いて練り、
円盤状に丸め、イトバショウの葉で包みます。

7月16日 午前11時頃 ~ オンプイ 東美崎御嶽 ~

aimisyashion01.jpg

aimisyashion02.jpg

東美崎御嶽でのスナップ。
休日とあり、たくさんの子どもたちが訪れていました。

7月16日 午後3時頃 ~ オンプイ 花城御嶽 ~

hanaxtukuon01.jpg
花城御嶽のウブ(聖域)。男性は入ることができません。

hanaxtukuon02.jpg
竹富公民館執行部と有志の参詣。
祭主の竹富公民館執行部は、
オンプイの時のみ六山の御嶽に参詣します。

7月16日 午後7時過ぎ ~ オンプイ 花城御嶽トゥヌイムトゥ ~

asaiya01.jpg
トゥヌイムトゥ(御嶽の統括者)のジージョン(土地の神)での御礼

asaiya02.jpg
トゥヌイムトゥのザー(床の間)での御礼

7月17日(日) 午前7時45分 ~ トゥヌイプイ ニーラン  ~

0717 niran.jpg
今日は大潮で満潮が近いとあり、
カントゥイ(神石)からかなり後ろで「豊年祭の道歌」を謡います。

今年のプイで、
玻座間御嶽の神司が引退され、
竹富島では神司の長である大司が不在となります。
さらに、
六山でもっとも古い花城御嶽の拝殿(1951年建立)
も改築の提案がなされています。

平成23年に執り行なわれた豊年祭は、
竹富島でのひとつの節目となります。

投稿者 takidun : July 17, 2011 11:16 AM