June 12, 2011

リュウキュウキンバトの死

八重山では海神祭(ハーリー)とともに梅雨が明ける
と言われていますが、今年はまさにその通り。

いよいよ暑い暑い夏を迎えます。

この時期は、鳥たちの子育てもあともう少し。
幼鳥も巣立ちの時期が近づいています。

今日のゆがふ館には、息も絶え絶えの
幼いリュウキュウキンバトが闖入し、
事務所内の窓ガラスにぶつかって絶命しました。

0612 kinbato.jpg
亡骸はゆがふ館の裏庭に埋葬しました。

成鳥であれば、この程度の衝突なら軽い脳しんとうで
捕獲することすら難しいのですが、
今日のキンバトは、
幼鳥であることや、
それ故にカラスなどに追われて疲れきって
ゆがふ館に逃げ込んできたことが推測できます。

リュウキュウキンバトは
環境省レッドデータブックの絶滅危ぐIB類(EN)で
国の天然記念物に指定されています。

希少な生き物を失って残念な気持よりも、

長閑(のどか)な竹富島で繰り広げられる
生き物たちの厳しい生存競争を間の当たりにし、
複雑な思いが残りました。

(ta)

投稿者 takidun : June 12, 2011 09:43 AM