March 22, 2011

静かな戦い ~その後~

昨年3月21日のブログに掲載した
ホーシ道入口の小さなデイゴ。

http://www.taketomijima.jp/blog/archives/000856.html

1年を経過した現在、
竹富島のデイゴを救おう!実行委員会の保護により、
1番のナンバープレートが付されています。

昨年4月24日に樹幹注入を実施した際、
なかなか溶液を取り込まず弱っていたことが伺えましたが、
見事に葉を繁らせ、元気な姿を私たちに見せてくれます。

ホーシ道中ほどの大きなデイゴと比べると
まだまだ小さく、
さらに桟橋から吹き抜ける風の影響もあってか、
その身には蕾を見ることは出来ませんが、
次第に日差しを増していく竹富島です。
このちいさなデイゴにも、
深紅の花が付くことをゆっくりと待つことにします。

DSC00878.JPG

竹富島のデイゴを救おう!実行委員会
のメンバーをはじめ、
島人やご協力いただいた総ての皆さまのお陰で
見事に復活したデイゴの樹、そして花。
静かな戦いはひとまず終結しましたが、
これからも続きます。

DSC00880.JPG

ホーシ道桟橋入口の小さなデイゴは、
私たちに様々な示唆を与えてくれました。
これは、
生物多様性のメカニズムも勿論のことですが、
それ以上に、
もっともっと大切なことを
私たちに伝えている様な気がしてなりません。


(ta)

投稿者 takidun : March 22, 2011 09:20 AM