February 05, 2011

子どもたちの活躍

2月3日は旧正月、翌4日は立春と
厳しい北風が吹き荒れた最近の竹富島ですが、
暦のうえでは春の訪れを知らせています。

竹富島においても、
例年にないほどの寒い日々も、
ようやく一息つきそうな兆しが
昨日から感じられるようになってきました。

それは、
波照間歳暮風(ハティローシーブパイ)

と呼ばれる穏やかな南風の影響。
例年では、旧正月前の1週間にこの南風が島を流れると、
浜辺はアーサ(海藻)の緑色に染まり、
集落では色鮮やかな花が咲き、厳しい北風の中休みを告げます。

今年は少々遅く、旧正月後の昨日から
波照間歳暮南風の到来を感じさせてくれました。


その季節の節目を迎えた竹富島では、

先日、
2010年度ソニー子ども科学教育プログラム(ソニー賞)
の優秀校に選ばれ、
12年連続ソニー賞入賞の朗報を届けてくれた
竹富中学校の生徒たちが、
3日には、修復を終えたこぼし文庫の整備の手伝いを、
4日には、赤山公園の花壇に花を植えてくれました。


0204 akayama.jpg

国指定登録有形文化財のなごみの塔を有し、
竹富島の観光スポットのひとつで、大勢の観光客が足を運ぶ
赤山公園を管理する西集落では、
こぼし文庫の修復に役立ててと200の花の苗を購入し、
赤山公園の花壇を彩ろうとしましたが、
北から吹きつける風の影響でいくつかの花は咲かずじまい。

見かねた竹富小中学校長からの提案で、
あらためて花を提供し、きれいに植えてくれました。

0204 akayama01.jpg

今度は、波照間歳暮風の力も借りて、
コスモス、サルビア、ケイトウ、アスターの花が咲き、
なごみの塔に訪れる人々を、
なごませることができるでしょう。

竹富小中学校長ならびに
竹富中学校の生徒のみなさま

シカイト ミーハイユー

(ta)

投稿者 takidun : February 5, 2011 10:59 AM