January 03, 2011

2011年 新春の竹富島

八重山の古典民謡において、
新春を飾る代表的な唄といえば、
殆どの方が「鷲ぬ鳥節」を連想します。

元日の早朝、
凛とした空に太陽が水平線から顔を覗かせる頃、
東の空に大きく羽ばたくカンムリワシ。

まさに一年のはじまりを祝うに相応しい唄といえます。


昨日の竹富島では、
新年に相応しい出来事が二つありました。

ひとつめは、
大きな猛禽類が無事に保護されたこと。
竹富島の北西部で怪我をして飛べなくなったところを、
松竹荘のみなさまが保護してくれました。
タカやワシなどの大型の猛禽類も、
弱ってしまえば、カラスやネコの餌食になってしまいます。

もしかしたら、カンムリワシ・・・!?
と心躍らせて松竹荘に取材に行きましたが、
カンムリワシではなく、タカ目タカ科のミサゴ。

0102m01.jpg
【ミサゴは、環境省レッドデータブックの準絶滅危惧(NT)と評価されています】

元日に保護されたときは、かなり衰弱していたとのことですが、
昨日時点では一応に落ち着いており、ほっと一安心です。
仕事始めの1月4日に石垣島の環境省指定の動物病院に搬送するよう
準備を進めています。

0102m02.jpg

松竹荘のみなさま、シカイト ミーハイユー!


ふたつめは、
竹富ぶなる(婦人)会、竹富青年会の共催による
新年成人合同祝賀会が開催され、
大勢の方が新年と二人の成人の門出を祝ったことです。

0102s01.JPG

19時30分からはじまった式典には、
島人は勿論のこと大勢の観光客も足を運び、
会場のまちなみ館は立ち見になるほどの大盛況でした。

新年と二人の成人を祝うため、
東、西、仲筋の各支会をはじめ様々な余興が披露され、
新春に相応しい竹富島の夜となりました。

0102s02.JPG
富本傳副町長の代読による竹富町長の祝辞を受ける二人

0102s03.JPG

0102s04.JPG
ぶなる会長と青年会長による「かぎやで風」

0102s05.JPG

0102s06.JPG

0102s07.JPG

0102s08.JPG

0102s12.JPG
竹富青年会による「ロンドンの花売り娘」は会場を大いに沸かせてくれました

0102s13.JPG
余興を楽しんだ後は、出席者全員で巻き踊りとクイチャーを踊ります

0102s14.JPG
上勢頭芳徳公民館長による万歳三唱


縁起の良い話題を紹介することができた竹富島。
楽しみな卯年になりそうです。

(ta)

投稿者 takidun : January 3, 2011 09:45 AM