December 20, 2010

ヌングンジィマ展開催中!

1218nungunnjima.JPG

地球規模サンゴモニタリングネットワーク(GCRMN)
の北東アジア地域の拠点として石垣島に設立された
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターの開設10周年を記念して、
12月12日(日)から12月26日(日)まで、
石垣市八島町の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターにて
「ヌングンジィマ展」を開催しています。

1218 porigon.JPG
見て感じて楽しめる3D体験コーナー

1218 jiorama.JPG
石垣市立八島小学校5年生が制作したサンゴ礁のジオラマ

1218sango.JPG
かつては竹富沖に生息していたサンゴの標本もありました

小さな子どもたちも楽しめる展示コーナーや、

沖縄を代表する写真家のひとりで、
ゆがふ館のブログでもたびたびご紹介している
写真家の大塚勝久氏が撮り続けた写真のうち、
厳選された33点の写真展
『島の原風景』展も併催しており、大人にも楽しめる展示構成となっています。

1218syokyu01.JPG

1218syokyu02.JPG

八重山の美しい自然ばかりでなく、
黒島の豊年祭や、竹富島の2010年に行われた世迎いの写真など
八重山独特の祭事を紹介しており、
タイトルの『島の原風景』に相応しい展示内容となっています。

さらに、
石垣島白保集落のWWFの施設、しらほサンゴ村の活動や、
世界各国の子どもたちが描いたサンゴ礁保全啓発ポスターや、
架空の楽園“パイパティローマ”を描いた子どもたちの地図などが
展示されています。

1218pos.JPG

1218paipatiroma.JPG

休日には大勢の家族連れやカップルが足を運び、
3D体験にはしゃぐ子どもたちの笑い声や、
大塚勝久さんの写真集『うつぐみの竹富島』
にくぎ付けになるカップルなど、
展示会場は、和やかな雰囲気に包まれていました。

会期中に八重山を訪れる計画を立てている方は、
是非、足を運んでみて下さいね。

(ta)

投稿者 takidun : December 20, 2010 03:49 PM