December 15, 2010

ナーキヨイ (ナーキ祝い)

昨日の竹富島では、
蒔いた種子がすくすくと育つようにと祈願する祭、
ナーキヨイ(ナーキ祝い)
が行われました。

種子取祭、豊年祭、結願祭とともに、
竹富島の4大神事のひとつで、
プイ(豊年祭)と同様、
竹富島の島立の6人の氏神と
氏神が招いた神々がまつっていた神が祀られている
6つの御嶽に氏子たちが集います。

竹富公民館執行部と共に
国仲御嶽、清明御嶽、西塘御嶽を参詣した
神司は、それぞれの御嶽の氏子が待つ拝所へと向かいますが、
参拝の順番や時間は各御嶽によって異なります。

花城御嶽の場合、
御嶽の統括者(トゥヌィムトゥ)の屋敷に置かれた

ジージョン(地上御嶽)

1214nakiyoi01.JPG

ザートゥク(床の間)

1214nakiyoi02.JPG

を祈願したのち、
東美崎御嶽、花城御嶽へと向かいます。

1214nakiyoi03.JPG
東美崎御嶽
ウブ(聖域)が拝殿のなかであるため、
男性は拝殿には入ることができません。


1214nakiyoi05.JPG
花城御嶽のウブ
男性は立ち入ることを許されておらず、
女性も年に5回しか中に入ることができません。


今年のナーキヨイで、
花城御嶽では
嬉しい報告が二つありました。

一つ目は9月13日に神司交代の儀が執り行われ、
三代にわたり神職をスムーズに継承できたこと。

1214nakiyoi06.JPG


二つ目は、
かわいいスンイリ(新入り)が訪れたこと。

1214nakiyoi07.JPG


ナーキヨイを終えると、いよいよ年の瀬を迎えます。

嬉しい二つの報告からは、

来年の竹富島は
世果報(ゆがふ)世であることを感じさせてくれます。


(ta)

投稿者 takidun : December 15, 2010 11:06 AM