November 19, 2010

十月祭(高火の願い)

~ 火難、水難、荒風、大風に遭わせないでください。
   韮(ニラ)のように本も根も強くあらせてください。  ~

jyugatu01.JPG
竹富公民館執行部と神司による清明御嶽での祈願


防災祈願の祭でもある十月祭は、
別名、“高火の願い”とも云い、
旧暦10月の「みずのえ」の日取りで執り行います。

祭主の竹富公民館執行部と神司は、
真知御嶽、国仲御嶽、清明御嶽を参拝し、
自然災害や火災などの人災が起こらぬように祈願します。

十月祭では、
火を灯さない線香も供えます。
これには、
災い(火)を起こす(灯す)ことなく過ごせますように。
との願いが込められています。

jyugatu02.JPG


清明御嶽の祈願を終えたのち、
神司は、それぞれが所属する御嶽を参拝します。


jyugatu03.JPG
6人の島立ての神々が祀られる六山(ムーヤマ)のひとつ、花城御嶽


十月祭では、男性は立ち入ることを許されていない聖域で、
女性も年に僅か5回しか立ち入ることのできないウブ(神殿底)に入ります。


jyugatu04.JPG
花城御嶽のウブでの祈願

ウブ入りは、

 1.十 月 祭
 2.ナーキヨイ  (新暦12月頃:蒔いた種子の成育祈願)
 3.二 月 祭  (新暦 3月頃:蒔いた種子の成育祈願)
 4.四 月 祭  (新暦 5月頃:粟の初穂が無事に収穫できるよう祈願する)
 5.プ    イ  (新暦 7月中旬~8月上旬頃:豊穣の恵みを感謝する) 
 
に行われ、
十月祭、二月祭、四月祭の際、
ウブでの祈願に差し出す供物は、神司が用意します。


ウブでの祈願後、
僅かばかりの供物を口にし、
拝殿に移動した氏子たちは、
あらためて供物をいただき、竹富島の安寧を願います。

jyugatu05.JPG

(ta)


投稿者 takidun : November 19, 2010 04:43 PM