July 30, 2010

竹富島の生物多様性

 竹富島は、1972(昭和47)年に
西表国立公園(当時)に指定されるにあたり、

「自然が育んだ文化景観」

として、島全体が国立公園に指定されています。

西表島の多様性に富んだ豊かな自然とは異なり、
竹富島には、厳しい自然と、
その自然と相対してきた人々との調和が残されています。
かつては、島のほとんどが耕作され畑だった竹富島。
観光で暮らしを成り立たせている現在では、
かつての畑に、
薪の代用として持ち込まれたギンネムが生い茂ります。
それでも、
今もなお欝蒼とした御嶽の森では、
ヤエヤマオオコウモリやリュウキュウコノハズクたちが
静寂な夜の合間を飛び交い、
月明かりに照らされる白砂の道では、
オオヤドカリやセマルハコガメの歩みを見ることができます。

海へと目を向けると、
大勢の方が海水浴に訪れるコンドイ浜には、
海の“掃除屋”ともいえるナマコがたくさん生息しています。
美しい海のバロメーターともいえるナマコのお陰で、
訪れた人々はコンドイ浜で豊かな自然を満喫し、
心に残る思い出を刻むことができます。

そのコンドイ浜から西桟橋に向かって海岸線を歩くと、
90cmほどの石が据え置かれています。
ニーラン神石と呼ばれ、
遥か彼方、“根”の国から訪れたニライカナイの神々が
船のとも綱を引いたと伝えられているこの石は、
竹富島の海や、
海を通じて様々な授かり物を得て、営んできた人々の
暮らしを守り続けています。

竹富島の人々が大切にする神々への祈りは、
豊かな生態系も育んでいます。

明日は竹富島の4大祭事のひとつ、豊年祭が行われます。

(ta)

投稿者 takidun : July 30, 2010 10:49 AM