January 16, 2010

竹富島のデイゴを救え!

竹富島のデイゴの立ち枯れを憂う有志の方々が、
本日、竹富島内のデイゴの調査に訪れています。

デイゴは、数々の民謡に題材として取り上げられ、
沖縄県の花として県民に愛されて続けています。

しかし、現在ヒメコバチという虫による被害によって、
立ち枯れる光景が目につくようになり、沖縄県内では
大きな問題になっています。
竹富島でも立ち枯れた何本かのデイゴは伐採されており、
竹富島の集落へ至る道”ホーシ道”や世持御嶽広場に
おいても悲惨なデイゴの姿が見られます。
私財を投げ打って薬剤を購入している方もいるものの、
島全体で駆除しなければヒメコバチを駆逐することはできず、
種子取祭の舞台となる世持御嶽やホーシ道、さらに蔵元跡
のデイゴは、竹富公民館では賄いきれないほどの費用がかかります。

0116deigo2.jpg
ンブフル丘周辺の立ち枯れたデイゴ

 こうしたなか、有志の方々が、竹富島のデイゴを救え!
ということで、島内のデイゴの実態調査に訪れ、デイゴの
本数、樹高、胸囲、直径、葉の繁茂状況、虫棲葉の割合
を調査し、被害の大きさや薬剤を注入する必要性を説く
データを作成します。

本日調査をした結果、島内には123本のデイゴが確認されており、
葉の繁茂状況も芳しくありません。
特に集落内は状態が悪く、放置していると神聖な世持御嶽の
大きなデイゴも立ち枯れてしまうことも考えられます。

ヒメコバチを駆除する薬剤は1本あたり概ね3万円ほど。
定期的に薬剤を購入してヒメコバチを駆除し、さらには
立ち枯れたデイゴに巣食うヒメコバチを完全に除去しなければ、
竹富島の深紅の色鮮やかなデイゴの花も見ることが出来なくなる
かもしれないのです。

調査済のデイゴには番号が記されています。

0116deigo3.jpg
竹富診療所南のデイゴの直径を調べています。

デイゴを救う手立ての第一歩を、竹富島は始めました。

(ta)

投稿者 takidun : January 16, 2010 04:40 PM