September 17, 2009

ゆがふ館の民具類

 ゆがふ館にご来館いただいた皆さんは、
「なんとなく懐かしいな・・・」
という思いに駆られる方々が大勢いらっしゃいます。

 それは、ゆがふ館に展示されている民具類の数々。
竹富島は山や川がなく、お米を作ることができない島です。
しかし、1637年から始まった人頭税の納税対象はお米でした。
そのため、先人達は西表島まで耕作に通っていたのです。

先人達は西表島で米をつくり、そこで得た藁を工夫し、
様々な道具を生み出してきました。
勿論、藁だけではありません。クバ(ビロウ)や月桃(ゲットウ)、
クージ(トウヅルモドキ)なども民具づくりに活かされてきました。

kubasa.jpg
クバの葉を3枚使ったクバ笠。 沖縄を代表する民具です。

minosa.jpg
ミノサー(蓑)は泥に浸すと長持ちするそうです。

hoki.jpg
ススキの箒です。インテリアにするととても可愛いです。

putu.jpg
こちらも代表的な民具。プツ(わらじ)です。何気につくるのが難しい民具です。

madiru.jpg
右上からマディル(芋入れ)、左上は月桃のアンツク(物入れ)、
下はクバオウニ(うちわ)です。

nibu2.jpg
竹富島民具づくり教室のメンバーで制作しているニーブ(藁の敷物)。
完成まであと一息です。

funiyabo.jpg
右にはフニヤボが展示されています。穀物の脱穀に必要な道具です。

nibu1.jpg
ニーブの編目です。光にあたると黄金色に輝きます。


ゆがふ館に展示されている民具類からは、
織物と並んで“竹富島の生活の息吹”が感じられます。

(た)


投稿者 takidun : September 17, 2009 01:34 PM