May 18, 2009

ゆがふ館の珍客(その2)

ゆがふ館に滞在する新たな珍客のご紹介です!

 アオバトは本日まで6日間館内天井に滞在していました。
鳥類の滞在記録を大幅に更新し、本日館外に逃がしました。
0518aobato.JPG


スタッフの「何も食べないで大丈夫なのか・・・。」の不安をよそに、
全く下に降りることなくわが家同然に過ごしていました。

 そして、ピィーヨー(イシガキヒヨドリ)の親子も、ゆがふ館にて
子育てしています(??)
 数日前、ゆがふ館周辺にてカラスに襲われていたヒヨドリの雛を保護し、
館外に逃がしたものの、同じ雛なのかは分かりませんが、現在、ゆんたく
コーナー天井にて雛が2羽、親鳥はせっせと正面入口から餌を運んでいます。

0518yugafu.JPG
ゆがふ館正面入口看板からは、沢山のスズメが顔を覗かせます。

 スズメはもちろんのこと、リュウキュウアカショウビン、ミゾゴイなどの鳥もたちも
訪れるゆがふ館、皆さんもぜひ足をお運びください。

0518minsa.JPG
オバーガイドが織られるミンサーもご来館の皆さまの注目の的になっています。

(た)

投稿者 takidun : May 18, 2009 01:27 PM