October 01, 2008

「祭りのこと」

ゆがふ館の、竹富島の興味深いことを様々なスタイルで展示しています。

おすすめの展示は色々ありますが、
中でもゆっくりじっくり手に取ってもらいたいのが、
この「本」のシリーズ。
MatsuriCover.jpg
竹富島に関する様々なことを、テーマごとにまとめた本型の展示物。

種子取祭が近づくこの時期、『祭りのこと』の中から、
種子取祭にまつわることを種子取祭が終わるまで
数回にわけ、ご紹介したいと思います。

まずは、
「種子取祭」について。


   種子取祭に向かって

   どんどん行事が増えて忙しくなる。

  「こんな状態で種子取祭か!?」と思っているうちに

   もう始まっている。

   でも、これが終わらんと正月は迎えられん。

   あのエネルギーの高まりは何なんだろうね。


tanadui.jpg

※種子取祭
竹富島の年中行事の中で最も大きな祭事です。
種子取祭は、準備期間も含めてキノエサルの日からミズノトミまでの10日間が祭りの期間。種子がしっかり根づくようにという意味を日取りに込め、5日目に行うタニウルシの儀式は、節祭かた49日目にあたるツチノエネの日に行います。種子取祭は清めた土地に種子度まき始める祭りで、種子が一粒万倍となる豊年豊作が祈願されます。タネウルシの後、6日目のンガソージの日は物音に驚いて種子の発芽を遅らせることのないよう静かに暮らします。芸能を奉納するのは7日目、8日目の2日間です。

投稿者 takidun : October 1, 2008 11:44 AM