August 16, 2008

スードーリ

 昨晩はショーロ(お盆)の送り日。
アンガマーたちが集落を去った後は、家庭行事となります。
ウチカビ(紙で出来たお金のこと。あの世でお金に困らないようにするためです。)
を燃やし、祖霊をあの世へ見送ります。

その翌朝、東、西集落ではスードーリが行われています。

スードーリとは、「道祓い」のこと。

ご馳走を腹いっぱい食べ、舞踊を楽しんだ祖霊たちは、
もっとこの世に居たい。と里心がついてしまいます。
この世の私たちは、祖霊を無事に見送らなければなりません。
そこで、道を清掃することによって祖霊があの世に戻れるようにします。

 スードーリの儀式は以前はお盆の翌日と、旧正月三日の翌日に
行われていたそうですが、現在はお盆の翌日のみ行われています。
参加者は原則として16歳から65歳の男性のみ。
昔は、スードーリに参加できない者は「スック」と呼ばれ、
罰金が課せられていたそうです。

(ta)

投稿者 takidun : August 16, 2008 08:33 AM
コメント