February 22, 2008

十六日祭(ジュウルクニチ)

2月22日は旧暦の1月16日にあたり、十六日祭(ジュウルクニチ)が行われます。
あの世の正月といわれており、ご先祖様を供養します。

この日までにお墓を掃除し、島外に暮らす家族や親戚も集まりご馳走を墓前に供え、
一緒に食べるという風習があります。

今年の十六日祭はあいにくの雨模様・・・
なので、墓前に線香をたて、
「今日は雨なので、家で十六日祭を行いますので家までいらしてくださいね・・・」
とあいさつをして、家(本家)に集まりごちそうを食べます。
料理は、1月1日の正月と同じように、大根とニンジンを煮たもの、三枚肉、昆布巻、ごぼう巻、などの料理が並びます。
他に餡餅やクーガシやさたくんこうなど、甘いものもあります。
これのご馳走をお供えしてご先祖様を供養し、また家族の健康や繁栄を願うのです。

投稿者 takidun : February 22, 2008 04:45 PM
コメント