January 21, 2008

第33回八重山毎日駅伝

 昨日、石垣島にて第33回八重山毎日駅伝が開催されました。
石垣島の地区、竹富島を含む離島が全19チーム出場し、76.1キロ
ほぼ石垣島を一周します。

 昨年の竹富チームは準優勝でしたが、今年は与那国チームの2連覇
を阻むべく練習を重ねてきました。

ekiden001.jpg
大会前日には神司からご助力をいただき、
西塘御嶽を祈願し、勝利への願いを行いました。

ekiden002.jpg
大会当日は、選手ならびにスタッフ一同は、7時45分発の定期船で石垣島へ
渡ります。みんなの表情には緊張した面持ちが見られます。

ekiden003.jpg
午前9時の号砲により、19チームが優勝を目指してスタート。
竹富チームには、在石垣島の郷友会の方々が多数応援に駆けつけてくれました。
竹富島のスタッフは、各中継所に向かい、選手の介添え、情報提供を行ないます。

ekiden004.jpg
スタート・ゴール地点での竹富うつぐみチーム本部のスナップ。各中継所からの情報を、
竹富島、石垣郷友会の皆さんへ伝えます。

 予想タイムは4時間41分を予想していましたが、与那国チームが圧倒的な強さで
2連覇を飾りました。竹富チームは昨年同様準優勝でした。

ekiden005.jpg
与那国チームのタイムは4時間35分29秒。圧倒的な強さでした。

ekiden006.jpg
後半に区間賞を3名出し、
粘り強さを発揮した竹富チームは4時間43分31秒でした。

ekiden007.jpg
選手を囲んでのスナップです。
ekiden008.jpg
竹富島といえばやはり、“ガーリ”(乱舞)です。選手を称え、準優勝の歓びを表現します。

ekiden009.jpg
表彰式での竹富チームのメンバー

ekiden010.jpg
区間賞の表彰でのスナップ
左から2番目より 久保田文さん、ひとり置いて 中村英行さん、藤井幸吉さん
久保田さんは女子選手のMVPにも輝きました。


ekiden011.jpg
竹富島へ戻ると、神司が待つ西塘御嶽を参拝します
竹富チームが無事大会に参加できた御礼、選手たちに怪我なく無事に
島に帰ることができた御礼、そして大会結果の報告です。

ekiden012.jpg
その後は、選手たちを囲んでの“ブガリノーシ”(慰労会)が行なわれました。

 選手達からは、確実にたすきをつなげたことの安堵感や、来年への抱負が聞かれました。
今日から、また練習を再開し、来年の優勝を目指します。

(ta)

投稿者 takidun : January 21, 2008 08:26 AM
コメント