February 23, 2007

大浦家の修復

赤瓦の家並み、屋敷を取り囲む石垣、その周りをはしる白砂の道。
それらが基本となって構成される、この竹富島の集落全体は、
昭和62年4月28日に重要伝統的建造物群保存地区*に選定されています。

そして今、その建造物の保存のための国の修復が行なわれています。
すでに、旧与那国家住宅の修復事業で伝建築の建築に関わっている、
島の大工さんの力をフルに発揮しての修復事業です。

R1014400.jpg
現在は、屋根瓦の下地となる竹をクージで編んでいく作業です。

*重要伝統的建造物群保存地区
 日本の文化財保護法に基づいて決定された伝統的建造物群保存地区のなかでも、
 特に価値が高いものとして国が選定したのが、重要伝統的建造物群保存地区。

投稿者 takidun : February 23, 2007 03:17 PM
コメント