January 28, 2007

第42回あずま会定期総会&新年祝賀会

第42回のあずま会定期総会は、1月28日、まちなみ館で開催されました。
和やかな雰囲気のなか、「会務報告」「監査報告」「決算報告及び承認」があり、
「役員改選」がなされ、新旧役員の交代が行われました。

P1280003.JPG

平成18年度の役員のみなさん、おつかれさまでした。

新会長となった新盛寿生さんが、ユーモアを交えたテードゥンムニで19年度の抱負を語り、
それにつづいて19年度の役員の方々のご挨拶。

老人クラブ会長・高那三郎さんの「乾杯の音頭」が封切りとなり、新年祝賀会に突入。
座開きは、18年度執行部による「赤馬節」。
祝辞をはさみながらの芸能づくしは恒例のこと。
また、演目は、あずま会女性部による「安里屋節」、あいのた会による「東会青年会歌」、
「あずまんバンド」、あずま会女性部による「なつかしいあの日・あの頃」などなど。

P1280016.JPG

最後の演目は、あずま会青年部による寸劇「第32回竹富島一周駅伝大会」で、見所いっぱい。
先日の「八重山毎日駅伝大会」の興奮さめやらぬなか、タイムリーな出し物。
P1280027.JPG
レースは竹富、白保、与那国の3チームによるデットヒートを舞台で展開。
途中、水牛が走者をさまたげたり、白砂の道に入って箒の目を入れる競走や、
縄ない競争が盛り込まれた、一風変わった駅伝大会に。

P1280040.JPG

勝負はアンカーまでもつれ込む。
白熱するレース展開に、仲村渠隆雄さんが登場し、まちなみ館にわれんばかりの声援が響く。
競り合いのゴール直前、ミルク神が現れ、その采配により隆雄さんがゴールのテープを切った。
優勝は竹富チーム。
喝采。
お決まりのガーリにて幕を閉じました。

投稿者 takidun : January 28, 2007 11:11 AM
コメント