September 30, 2006

ユーンカイ(世迎い)

旧暦の8月8日に行われる祭祀、世迎い。
今年度は、新暦の9月29日がその日にあたります。

ニライカナイの国々から五穀の種もみを持ってくる神々を迎える祭事です。
その神々が竹富島についた時、船のとも綱を結びつけた石と伝わるニーラン神石で、
ニーランの神々を迎えます。

早朝、神司と公民館執行部により、ニーラン神石で祈願をしトゥンチャーマ*をうたい、神々を迎えます。
その後、仲筋集落で迎えられ、幸本御嶽へ向かいます。
R1012620.jpg

R1012623.jpg
幸本御嶽で祈願を行い、クックバーへのぼります。
クックバーでもハヤマワリハイダチの神々による種籾の配りがあり、祈願を行います。
その後、玻座間集落へ向かい集落の入口で、玻座間村人々に迎えられます。
そこでは激しくガーリが繰り返されます。その後、公民館まで行き、そこで解散して祭りは終了します。
一行は、道中トゥンチャーマを 歌いながら移動します。

*トゥンチャーマ
この古謡は八月八日、五穀の種子を積んだニーラン神の船を迎える世迎い(ユーンカイ)の時にうたわれます。

一、 あがとから 来る船や ばがいぬとぅんちゃーま
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

二、 うはらから 来る船や 何ゆしちゃる 来る船
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

三、 彌勒世(みるくゆ)ば 載(ぬう)しおーる 神(かん)ぬ世ば 載しおーる
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

四、 竹富(たきどぅん)に とぅーるすーきてぃ 仲蒿(なかだき)に とぅーるすーき
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

五、 彌勒世ば 抱(だ)ぎうるし 神ぬ世ば 抱(だ)ぎうるし
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

六、 家(やや)ぬ 家ぐとぅに きぶる きぶる ぐとぅ
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

七、 俵 世ば 給ぼーられ 升ぬ世ば 給ぼーられ
     うーやき 世(ゆ)ーば 給ぼうらる

投稿者 takidun : September 30, 2006 05:25 PM
コメント