September 24, 2006

第83回敬老会

9月24日、まちなみ館にて、恒例の敬老祝賀会が開かれました。
明治40年生まれの大浜太呂さん(100歳)を筆頭に、85名の敬老会員を、島あげてお祝いしました。
全人口のうち敬老会員が占める割合を考えてみると、
おどろくことに竹富島は超高齢化社会だといえます。

entry.jpg
今年度、70歳を迎えた6名が、新たに会員となりました。
代表として、大山祐達さんが、
「早く一人前の敬老会員になりたい」と挨拶されていたのが印象的でした。
竹富島で70歳というのは、まだまだ子供だということでしょうか、
「70歳は敬老会の青年部!」という言葉をよく聞きます。

koukou.jpg
祝賀会では、スピーチや祝電、保育所や各集落などから数々の芸能が披露され、
終始にぎやかな会となりました。
sannkasha.jpg
竹富島の敬老祝賀会は、国が定めた「敬老の祝日」よりも歴史が古く、大正13年にはすでに行われています。
今年度で83回の会を重ねているというのも驚きですね。

投稿者 takidun : September 24, 2006 05:07 PM
コメント