August 11, 2006

竹富島の井戸めぐり

2006年8月11日、快晴。

恒例の自然文化学習会を開催しました。

今回のテーマは『井戸』。
最高の青空のもと、スタッフを含め13名の参加者が、ゆがふ館からスタートし、
1日かけて島の井戸17カ所を一歩一歩、歩いてめぐりました。
R0012169.jpg

巡ったのは、ハナックンガー(花城井戸)、ナージカー(仲筋井戸)、コントゥカー(幸本井戸)など、
集落発祥の契機となった井戸や、明治時代のカツオ工場で使用していた井戸など、
それぞれにゆかりのある井戸。

R0012179.jpg
井戸を目指し、

R0012212.jpg
井戸を覗き、

R0012186.jpg
井戸に下りて、

R0012261.jpg
井戸を通じて、
集落の成り立ちや、伝承・歴史を学びました。

R0012224.jpg
まちなみ館でのお昼の休憩では、古謡「うむとぅから引く水」をうたって、
先人の生活に思いをはせました。

そして、最後に訪ねたのはミーナカー。
水源が地下深くにあります。
R0012268.jpg
参加者は実際に水源までおりて、話を聞いて知ってはいたけれども、
実際に下りてみて、水汲みの大変さを実感しました。

投稿者 takidun : August 11, 2006 06:57 PM
コメント