November 01, 2005

幕舎張り・祈願・ンガソージ・フクミ

10月31日は朝8時より世持御嶽で幕舎張り(テント設営)が行われました。
島中の男生産人が集まり、高所に上って、シートを張って行きます。
10時半にはほぼ終了し点呼をとって解散しました。

また、午前中は神司が神々に種子蒔きの願いをし、奉納芸能への案内をかけます。
昔は各家で種子蒔きを行っていましたが、現在は数えるだけの家だけが行っています。
そして、種子取祭のご馳走といえば「イイヤチ」です。昨日、今日は集落でイイヤチの良い香りが漂っています。
「イイヤチ」とは竹富のお餅のようなものでモチコメと粟と小豆を炊いてバナナの葉で蒸して、練ってつくります。
2~4人位でキネのかわりにイビラーという櫂のようなものですりあわせます。味はほんのり甘くて、良い香りがします。

夕方からは、各集落の道の砂まきを行いました。訪れる人に気持ちよく歩いていただくことと、世乞いで歩く道をきれいにするために行います。

11月1日の夜は「フクミ」(リハーサル)が行われて明日の奉納芸能を迎えます。
一昨日、昨日と竹富は寒くて、体調を崩し、風邪をひいている人が多いです。明日、明後日が良い天気に恵まれて、風邪も治り、しっかりと奉納できるように祈ります。

投稿者 takidun : November 1, 2005 08:43 AM
コメント