September 19, 2005

十五夜


9月18日(日)は十五夜(ジュングヤ)が行われました。十五夜は男の祝日とされ各家では赤豆餅を作り、供え物をして今年の豊作と健康を祈願します。
朝7時より男性は綱の準備や補修を行ったあと、各支会ごとに旗頭の準備を行いました。午後4時からは小中学校グランドに各支会の旗頭を先頭に集まり、会場の中央に旗頭を立てたあとに綱引きをし、男性が担ぐ板戸の上で行われた芸能は福の神(仲筋)、七五三(西)、棒術、ぶなじなー(東)です。最後は東西に分かれて綱引きが行われました。綱引きはめす綱が勝ち世果報の喜びをガーリであらわしました。今回は東の旗頭が会場入りした直後にアクシデントがあり急遽、修理を行い東支会壮青年の見事な団結力で復元されたり、棒術は槍先が折れるほどの熱演など、会場からはおおきな拍手が送られました。その後、各支会では、観月会が夜遅くまで行われました。


投稿者 takidun : September 19, 2005 09:36 AM
コメント