December 04, 2004

第19回古謡大会

きたる12/4に、竹富町民俗芸能保存会が主催する第19回古謡大会が行われます。
場所は黒島、竹富島からは10数名が参加し、『キルリ(霧下)アヨー』を披露する予定となっているそうです。

これは現在ではあまり唄われなくなった古謡と呼ばれる古い歌を保存していこうという、町レベルの取り組みの一つで、隔年で大会が開催され、各島々が一点ずつ披露するそうです。
皆さんも、時間をつくって、八重山の人々が経てきた暮らしの歴史を感じることが出来るこの古謡大会を見学に行かれてはいかがですか。

下の写真は練習風景です。

(『キルリ(霧下)アヨー』の歌詞、および解説は下部をクリックしてください)

『 キルリ(霧下)アヨー 』

 一、うるずんぬよー したりよー きるりや したりよー
    たきさどぅりどぅよー したりよー きるりる

 二、ばがなちぬよー したりよー きるりや したりよー
    むるさどぅりどぅよー したりよー きるりる

 三、うふどぅりゃぬよー したりよー ゆらいや したりよー
    しまざしにどぅよー したりよー ゆらりる

 四、しるどぅりゃぬよー したりよー ゆらいや したりよー
    しるはまにどぅよー したりよー ゆらりる

 五、ばやけーらぬよー したりよー ゆらいや したりよー
    ざしきばなどぅよー したりよー ゆらりる

 六、ゆすけーらぬよー したりよー ゆらいや したりよー
    ゆはなざにどぅよー したりよー ゆらりる

 七、だいぬざふさきよー したりよー まいなし したりよー
    びんぬさき したりよー まいなし

 八、ひとぅりゃもちよー したりよー むちむち したりよー
    たぬぎゃむちよー したりよー むちむち

 九、うぬざふどぅよー したりよー にがゆる したりよー
    うぬかふどぅよー したりよー てぃじりよぅる


【解説】 霧下あゆー 
この歌謡はは収穫祝、新築、出産などの祝の座敷で 合唱される

 一、陽春の 霧のおりゆく様は
    御嶽の木々を つたいながら 下りて行くものだ

 二、若夏の 霧のおりゆく様は
    丘の木々を つたいながら 下りて行くものだ

 三、大鳥が飛来してくる様は 
      島崎に降り立ち 群れるものだ

 四、白鳥の飛来してくる様は 
     白浜に降り立ち 群れるものだ   

 五、我等は満ぞろいして いつものように  
     座敷に相集い はなを咲かせるものだ

 六、よそ様も満ぞろいして いつものように 
     座敷に相集い はなを咲かせるものだ

 七、高台のお酒の前に正座して
       花瓶のお酒の前に正座して

 八、一人ひとりが 盃をいただきながら 
    お互いに盃を 交わしながら 

 九、この世の豊穣を願い 
    お互いの健康と息災を祈ろうではないか

(阿佐伊孫良)

投稿者 takidun : December 4, 2004 11:59 PM
コメント