October 31, 2004

平成16年度(2004)竹富島種子取祭

さて、いよいよ今年も種子取祭が近づいて参りました。
島では種子取祭へ向けた議会も開かれ、準備が着々とすすんでいます。
そこでこのブログでは、解説と今年の日程、そして奉納される芸能の演目を詳細にお伝えします。

【種子取祭の解説】
種子取祭は八重山一円で盛んに行われてきた農耕予祝の神事でありますが、竹富島では、今なお、最大の行事として行われています。小さな珊瑚礁の島での農業はとりわけ厳しく、この祭には自然への畏敬、神々への敬虔な祈りと深い感謝の心が込められています。時代の変遷とともに、過疎と高齢化が進み、農業から観光業へと主産業は転換しているものの、種子取祭は、島の伝統、歴史、文化、芸能を育み継承していく祭りとして、ますます重要になっています。


竹富島の種子取祭は、伝統的なものをよく継承し洗練されたものとして、昭和52年に国の重要無形民俗文化財の指定を受けており、次の大きく三つの部分から構成されています。

一つは神事であり、これは神司と公民館役員のみで執り行われます。火の神や農耕の神をまつる世持御嶽において、豊穰を祈願し予祝するものです。
一つは神々への供物として差し出されるものとして、二日間にわたる奉納芸能です。これは奉納舞台において行われる儀礼狂言や奉納舞踊ですが、この部分は選りすぐりの演者たちによって、舞台での所作や口上によって、豊穰への祈りと喜びを演ずるものです。
もう一つはユークイ(世乞い)であり、豊穰の世を乞い願うという神事です。これは誰もが参加できます。家々をまわって、『世乞いうた』を歌うことによって豊穰をもたらすもので、深夜まで行われます。『世乞いうた』には、道中で唄われる「道うた」、屋敷に入ってその庭で唄われる「巻うた」、「しきどうよー」があり、座敷きの中では「いぬがだにあよー」、「にーうりゆんた」などがあります。
これら三つの部分が一体となり、竹富島の世界をつくり出しています。

【種子取祭の日程】
●11月1日(きのえさる) トゥルッキ
祭の計画手配を行う。

●11月2日、3日、4日は種子取祭の諸準備。踊り、狂言の稽古。

●11月5日(つちのえね) 祈願・幕舎張り
早朝から幕舎張りなど奉納芸能の舞台つくる。
神司や公民館役員は、揃って世持御獄、清明御獄、根原家で種子取祭の願いを行なう、神司は、その後、それぞれの御獄で祈願する。各家々では種蒔きが行われる。

●11月6日(つちのとうし) ンガソージ
前日に蒔かれた種がしっかり土につくように、精進する日とされる。
夜は、奉納芸能の総仕上げの日(シクミ、またはフクイ)。

●11月7日(かのえとら) バルヒルの願い・奉納余興初日・ユークイ
午前6時、弥勒奉安殿には公民館役員、有志などが弥勒興しの祈願。玻座間御獄では神司たちの祈願。その後、両者は世持御獄で合流し、バルヒルの願い、イバン取りの儀式がある。場所を奉納余興の舞台に移して、干鯛の儀式が行なわれる。仲筋村の登野原主事宅へ参詣。
8時半頃からまちなみ館において種子取祭に関する講話がある(全国竹富島文化協会主催)。
9時半頃から、庭の芸能を奉納(奉納芸能進行表の通り)。10時半頃から玻座間村の舞台の芸能が行なわれる。奉納芸能演目の通り。
17時半頃、イバン戴みの儀式。ユークイ(世乞い)が始まる。
ユークイは、種子取祭を始めた根原家から始まり、その後、三集落に別れてユークイが深夜まで行なわれる。

●11月8日(かのとう)奉納余興2日目
午前5時半、根原家でユークイの締めを行なう。世持御獄でイバンを返上し、ユークイは総て終了。
二日目のムイムイの願い。幸本フシンガーラの願い日。仲筋村のシドゥリャニが奉納される。前日同様の干鯛の儀式があり、その後、西の大山主事宅へ参詣。
庭の奉納芸能がある。
10時半頃から、仲筋村の舞台の奉納芸能。
17時頃、芸能の奉納すべて終了。18時、石垣への連絡船、最終便。
種子取祭首尾方の御礼(世持御獄、弥勒奉安殿)。

●11月9日(みずのえたつ) 支払い議会
午前10時頃から竹富公民館で公民館役員、郷友会(石垣・沖縄・東京)との懇談会。公民館支払い議会。
夜は全国竹富島文化協会の総会が開催される。

●12月10日(みずのとみ) 種子取祭物忌むぬん
現在行われていない。

今年の種子取祭奉納芸能の演目は、下をクリックしてご覧下さい。

種子取祭奉納芸能演目(初日)
【庭 の 芸 能】
   1 .棒、 2 .太鼓、 3 .マミドー、 4. ジッチュ、 5. マサカイ、
   6 .祝種子取、  7 .ウディ棒、 8. 馬ヌシャ            

【舞 台 の 芸 能(前踊・サチブドゥイ)】
01、長者
02、彌勒
03、舞踊、神司スーブドゥイ
04、狂言、鍛冶工
05、舞踊、赤馬節
06、舞踊、八重山上り口説
07、狂言、組頭
08、舞踊、ササラ銭太鼓
09、舞踊、大浦越路
10、狂言、世持
11、舞踊、鳩間節 
12、舞踊、元タラクジ節
13、狂言、世曳き
14、舞踊、胡蝶の舞
15、舞踊、鶴亀節
16、舞踊、かたみ節
17、舞踊、下原節
18、狂言、伏山敵討
19、舞踊、祝種子取
20、舞踊、夜雨節 
21、舞踊、竹富育ち
22、舞踊、布織ユンタ
23、舞踊、むりか星
24、狂言、ぺーク漫遊記舞踊
25、舞踊、しきた盆
26、舞踊、早口説
27、舞踊、種子取節
28、狂言、ガイジンナー
29、舞踊、安里屋
30、舞踊、鳩間節(早引き)
31、舞踊、真栄節
32、舞踊、組長刀
33、舞踊、竹富口説
34、狂言、曽我の夜討 
    

 種子取祭奉納芸能演目(二日目)
【庭 の 芸 能】
   1.棒、 2.太鼓、 3.マミドー、 4. ジッチュ、 5.マサカイ、
   6.祝種子取、  7.ウディ棒、 8.馬ヌシャ

【舞 台 の 芸 能(後踊・アトゥブドゥイ)】
01、ホンジャー(長者)
02、彌勒
03、狂言、シドゥリャニ
04、舞踊、かぎやで風
05、舞踊、夜雨節
06、舞踊、竹富節
07、狂言、天人舞踊
08、舞踊、たのりゃー
09、舞踊、世果報花
10、舞踊、仲筋ぬヌベー
11、狂言、種子蒔
12、舞踊、揚作田節
13、舞踊、蔵ぬ花
14、舞踊、あかまた節
15、舞踊、仲良田節
16、舞踊、揚古見ぬ浦
17、狂言、父子忠臣
18、舞踊、扇子舞
19、舞踊、大浦越路
20、舞踊、高那節
21、舞踊、夏花
22、狂言、畑屋ぬ願い
23、舞踊、江差節
24、狂言、崎山節
25、舞踊、スル掬い
26、舞踊、かたみ節
27、舞踊、サングルロ    
28、舞踊、海上節
29、狂言、鬼捕り
注)時間の都合で演目には一部変更することがありますのでその節はご了承下さい

投稿者 takidun : October 31, 2004 11:59 PM
コメント