September 12, 2004

第81回敬老会

9月12日は島の敬老の日です。竹富島では、国が祝日として定める以前から、敬老の日が定められており、お祝いをおこなっています。大正13年に上間広起村長が提唱したのが始まりで、その頃は9月9日でした。近年は9月15日の「敬老の日」の祝日に合わせて行っていたのですが、最近はハッピーマンデー制度のため、それに対応させた日取りになっています。今年は国の「敬老の日」が9月20日なのですが、竹富島では結願祭と重なってしまうため、竹富公民館によって一週間前の日曜日に行うということに決められました。

数え年70歳で敬老の会員となり、今年は昭和10年生まれの人が対象になります。島では高校を卒業した18歳から69歳までは「生産人」とされていて、労働力として考えられます。そして公民館はその生産人から賦課(ブカ)金を集め、運営資金にしています。70歳になり敬老会に入会するというのは、生産人から卒業するという意味があり、そのことに皆さんは喜びの気持ちを持たれるようです。ちなみに石垣や東京の郷友会では、ショーニンヨイ(生年祝い)でもある73歳で敬老会に入会となっているようです。
この敬老会では、子や孫たちが踊りを披露し、島を挙げて祝賀会を行いました。

投稿者 takidun : September 12, 2004 11:59 PM
コメント