August 30, 2004

お盆の真っ最中!

ただいま竹富島では、お盆の真っ最中です。
竹富島を含む、沖縄全域では、旧暦の7月13~15日にお盆を行います。
今年は8月28日~30日がその日にあたります。

全体の段取りとしては、各家庭で仏壇にお供えものをし、ご先祖様に対して13日の「迎え」、14日に「中ショーロ」、15日に「ウクルヒ(送る日)」を行い、霊を歓待し、供養します。

そして夜は盆踊りとして、各集落毎に数件の屋敷(その年毎に違う)を毎晩まわります。
(ただ現在、仲筋(ナージ)集落では人数が少ないため、現在は絶えている状況です。)
そこでは、クバ笠に手ぬぐい姿で顔を隠した若者たちが、三線にあわせたアンガマ踊りでショーロガナシ(先祖の霊)をもてなします。メインはニンブチャー(念仏歌)で、孝行念仏、七月念仏、無蔵念仏、その山念仏、かなし念仏などがあり、日によって違うニンブチャーを謡いながら、踊ります。

またそれが終わった後には、他にも踊りを見たいといった先祖の声(裏声)を合図に、様々な芸能が披露されます。そこでは、若い人たちを中心に、普段の稽古の成果が披露されます。また笑いを誘う出し物や、流行を取り入れたものが披露されたりもします。

そして翌日には、「スードーリ(道ざらい)」を行います。早朝に各集落ごとに集合し、お盆の間にきちんと送られることがなかった無縁仏などを払い、集落のみちを清める意味合いで、みちの修復、掃除を行います。他の八重山の集落では、このスードーリと同じ意味をもった行事として、獅子舞などが登場する「イタツキバラ」を行います。

投稿者 takidun : August 30, 2004 12:29 PM
コメント