.

過去のブログはこちら


~ 竹富島ウェブログ ~

 

2017年2月20日

サンゴ礁保全の取り組み(石西礁湖自然再生協議会)

昨日は、

石垣島の八重山商工高校にて第20回石西礁湖自然再生協議会が開催されました。

 

DSC_0088

 

石西礁湖自然再生協議会とは

 

我が国を代表するサンゴ礁生態系である石西礁湖は、

漁業や観光など地域経済を支える存在であり、

多くの人が活動する場となっています。

その石西礁湖が、赤土流出などの陸域からの環境負荷、高水温等による白化、

オニヒトデの大量発生等により、撹乱を受け、大きく衰退していることから、

「かつてのすばらしい石西礁湖のサンゴ礁を取り戻したい」、

「もっと美しい海を見てみたい」、

「サンゴとともに生きる地域をつくりたい」

という熱い思いを持った、

地元住民、市民団体、漁業や観光関係の団体、研究者、行政機関など多様な主体が集まり、

石西礁湖自然再生協議会が平成18年2月に発足しました。

協議会では、まず、石西礁湖の自然再生に向け、どのような目標に向かって進むべきか、どのような活動をすべきか、

それぞれの構成員ができることは何か、などについて議論を行い、平成19年9月に「石西礁湖自然再生全体構想」をまとめました。

現在は、全体構想に基づき、目標実現に向けた活動の実施について意見交換を行っています。

 

http://sekiseisyouko.com/szn/entry/aboutszn.html

 

20回目を迎えた石西礁湖自然再生協議会では、

昨年(2016年)の大規模な白化について、環境省が実施した数値結果の報告がありました。

昨年は、6月から9月にかけて30℃を超える高海水温の状況が続きました。

その結果、

7月下旬から8月中旬までのサンゴの被度は(海底面をサンゴが覆う割合のこと)29%、白化率89.6%、死亡率5.4%でした。

通年は、台風来襲による海水温の低下があるのですが、

昨年は台風の通過が僅かで、海水の撹拌が少なく、海水温の低下が大幅に遅れました。

9月下旬から10月上旬の数値はさらに悪化し、被度20%、白化率97.1%、死亡率56.7%。

その後、気温の低下に伴いサンゴの若干の回復が見られたものの、

11月下旬から12月下旬での調査は、被度12%、白化率91.4%、死亡率が70.1%との数値が出ております。

 

sango

昨年7月の竹富東沖でのサンゴの白化(写真提供:Akira Uesedo)

 

いわば、陸地であれば森の7割が消失したといえる大規模なサンゴ白化。

 

地球温暖化の進行や天候不順は人為的に防ぐことができません。

研究者や有識者、業界団体で構成される石西礁湖自然再生協議会では、

大規模なサンゴの白化現象を受け、どのような対策が考えられるか意見交換が行われました。

サンゴがストレスを溜める要因となっているバクテリアや

赤土に生息するバクテリアなどの研究ならびに対策を進めたり、

サンゴに付着する藻類を食べる魚類の漁獲を制限するなどの意見がありました。

石西礁湖自然再生協議会では、

地域と連携してサンゴ礁の再生に向けての取り組みや、

重要性を普及啓発する活動を進めています。

(ta)

2016年3月13日

アーカイブ上映会 「雄勝~法印神楽の復興~」

3月11日は、15,894名の尊い命を失い、
2月末現在で行方不明者2,562名、
約174,000名の方々が避難生活を余儀なくされている
未曽有の大災害となった東日本大震災が発生して5年が経過した日。

竹富島ゆがふ館では、地縁団体法人竹富公民館、竹富小中学校と共催し、
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟からご協力をいただき、
「雄勝~法印神楽の復興~」上映会を開催いたしました。

この八重山でも1771年4月の「明和の大津波」により、
約27,000人のうち、約9,200人もの方が亡くなった悲劇を経験しています。
映像の舞台となる宮城県石巻市雄勝町は、
竹富島と同じく国指定重要無形民俗文化財を有する地域。
震災の復興とは、祭の大切さとは、被災した方々を労わる気持ちなどなど、
様々な意味も込めて開催しました。

昼の部は、13時30分より竹富小中学校体育館にて開催し、
竹富小学校高学年生ならびに竹富中学校生徒、
学校教職員、地域より2名の皆さまとともに映像を観ました。

0311aciv01
上映前に1分間の黙とうを捧げたのち、
島仲信秀竹富小中学校長よりご挨拶をいただきました。

夜の部は、20時にゆがふ館を会場とし、
地域の皆さま28名、ご宿泊の観光客の皆さま10名、
38名の皆さまとと共に映像を観ました。

DSC08898
上映前に、上勢頭篤竹富公民館長よりご挨拶をいただきました。

インフラの整備、住居の確保は勿論のことですが、
本当の「復興」とは、
その地に暮らす人々に根付いた精神を絶やさぬようにすることである。
手塚眞監督が手掛ける60分間に凝縮された、
雄勝町の人々の「復興」がそのように訴えかけ、
雄勝町の皆さま方が求める「その精神」は、
竹富島に暮らす私たちに共通する考え方、共感する点が多々あると
強く感じました。

今回のアーカイブ上映会は、
昼の部・夜の部の二部制とし、多くの皆さま方にご覧いただきました。

ご協力いただきました、
地縁団体法人竹富公民館、竹富町立竹富小中学校、NPOたきどぅん
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、
ポスターの画像を快くご提供くださった
仙台市歴史民俗資料館ならびに仙台・宮城アライアンスミュージアム事務局、
ニンガチカジマーイの冷たい雨風が吹き荒れるなか足を運んでくださった
竹富島の皆さま、心より感謝申し上げます。

(ta)

2016年3月1日

アーカイブ上映会「雄勝~法印神楽の復興~」の開催について

来る3月11日(金)竹富島ゆがふ館では、
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟のご協力をいただき、
地縁団体法人竹富公民館、竹富町立竹富小中学校、NPOたきどぅんと共催し、
アーカイブ上映会「雄勝~法印神楽の復興~」を開催いたします。

雄勝法印8491のコピー

3月11日は、未曽有の大震災となった
東日本大震災から5年が経つ日です。
震災がもたらした数々の悲劇、
今もなお復興にご尽力されている方々、
そして、
宮城県石巻市雄勝町と同じく竹富島は伝統芸能を有する地域であるということ。
様々な思いを込めて、この日に上映会を開きます。
多くの方々のご来場を心よりお待ち申し上げます。

********************************************************
竹富島ゆがふ館アーカイブ上映会
 「雄勝 ~法印神楽の復興~ 」
(おがつ ほういんかぐらのふっこう)
◆ 上映日: 平成28年3月11日(金)
◆ 入場料: 無料

◆ 昼の部: 13時30分~14時30分
  会 場: 竹富町立竹富小中学校体育館
◆ 夜の部: 20時~21時
  会 場: 西表石垣国立公園竹富島ビジターセンターゆがふ館

◆ 問合せ  竹富島ゆがふ館 (0980-85-2488)
*******************************************************

2016年2月3日

与那国島からご来館

今日は与那国島からお客様がいらっしいました。
これから与那国島にOPENする「与那国島歴史文化交流資料館(仮称)」のスタッフの方です。

20160203yonaguni

民具の作り手だということで、民具や材料の共通の話題ですぐに交流開始。
与那国島に豊富な与那国クバのお話しや育て方、
民具づくりの工夫の仕方など、若いアイデアを沢山分けていただきました。
ありがとうございます!

与那国島の資料館へ見学に行くことを約束しました。

2015年9月19日

本日より 気ままに集落散策

突然の、ご連絡で大変申し訳ございません。

本日19日、明日20日の二日間、集落散策を行います。

ガイドはゆがふ館スタッフが行います。

無料ですので、お気軽にご参加ください。

時間 9:30~12:00

場所 竹富島ゆがふ館

*解散場所 島内

定員 10名

飲み物、タオルなどはご持参ください。

歩きやすい格好でご参加ください。

問い合わせ 0980-85-2488(ゆがふ館)

 

2015年8月7日

休館のお知らせ

本日8/7、台風13号の影響により

竹富島ビジターセンターゆがふ館は終日休館いたします。

2015年5月3日

GW気ままに集落散策

皆様GWを楽しんでいらっしゃいますか?
本日5/3は竹富島で気ままに集落散策を催行いたしました。
参加者は2名。
島にお泊りの方です。
image2

ゆがふ館をご案内した後に、スタッフと集落をのんびり散策。
今日は、どんよりとした空模様に皮膚にまとわりつくような空気感でしたが、
しっとりと汗をにじませながらの散歩道となったようです。
image1

島に住むスタッフと散歩しながら、島の日常を垣間見ることができます。
明日も催行しますので、9時30分までにゆがふ館へご集合ください。
予約なしでもOKです。
是非お待ちしております。

2015年1月1日

平成27年 元旦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あけましておめでとうございます。

2015年 新しい一年が始まりました。

本日のご来光は雲の中・・・

しかし、お楽しみはこれからということで、東の空からのご来光はあと364日ございます。

是非、太陽の暖かさを感じに竹富島へ足をお運びください!

皆様にとって、素晴らしい一年になりますようお祈りいたします。

 

元日も、ゆがふ館は開館しております。

是非お立ち寄りくださいませ。

2014年11月15日

お知らせ

ゆがふ館は11/15.16も通常開館です。
ご利用ください。

種子取祭アーカイブ上映(60分)
来夏世写真展&映像上映を行っております。

*竹富島東港かりゆし館は閉館しております*

2014年9月9日

十五夜祭

20100922junguya

旧暦の8月15日の9月8日は中秋の名月。
暦のもっとも早い十五夜だそうです。
竹富島でも、祭事として十五夜祭を行います。
夜にお月見をするだけではなく、夕方から3集落の旗頭を出し、棒術の演舞を披露し、
福の神から種子をいただき、綱引きします。

全国でも十五夜のお祭りをする地域は多いようです。
綱引きもこの日にするところもおおいとか。
十五夜は農耕の祭りとしてあり、対象作物は、芋、小豆など。
そして、綱引きも行われている地域もあります。
綱引きは、その年の豊作を占う儀式とされているようです。
そうみると竹富島でも共通点は多し。
芋を飾り、小豆の付いた餅を食します。
そして綱引きをします。

現代において、同じ日に、同じ目的で全国で祭り事が行われることに感謝さえ覚えます。


竹富島ゆがふ館 all right reserved..
(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)