.

過去のブログはこちら


~ 竹富島ウェブログ ~

 

2017年4月16日

平成29年度竹富公民館祭事・行事表

平成29年度竹富公民館祭事・行事表
     ↑
クリックすると、予定表が表示されます。

お待たせいたしました。
多くの皆様方からお問合せをいただいていた、
「平成29年度竹富公民館祭事・行事表」が、
昨晩の集落ごとの月例会にて発表されましたので、
皆さまにお知らせいたします。

ムーヤマの氏子が集う
オンプイ(豊年祭初日)とナーキヨイは、8月3日、12月7日。

多くの来島者が訪れるタナドゥイ(種子取祭)の奉納芸能の二日間は、
10月30日、10月31日なっています。

(ta)

2017年2月20日

サンゴ礁保全の取り組み(石西礁湖自然再生協議会)

昨日は、

石垣島の八重山商工高校にて第20回石西礁湖自然再生協議会が開催されました。

 

DSC_0088

 

石西礁湖自然再生協議会とは

 

我が国を代表するサンゴ礁生態系である石西礁湖は、

漁業や観光など地域経済を支える存在であり、

多くの人が活動する場となっています。

その石西礁湖が、赤土流出などの陸域からの環境負荷、高水温等による白化、

オニヒトデの大量発生等により、撹乱を受け、大きく衰退していることから、

「かつてのすばらしい石西礁湖のサンゴ礁を取り戻したい」、

「もっと美しい海を見てみたい」、

「サンゴとともに生きる地域をつくりたい」

という熱い思いを持った、

地元住民、市民団体、漁業や観光関係の団体、研究者、行政機関など多様な主体が集まり、

石西礁湖自然再生協議会が平成18年2月に発足しました。

協議会では、まず、石西礁湖の自然再生に向け、どのような目標に向かって進むべきか、どのような活動をすべきか、

それぞれの構成員ができることは何か、などについて議論を行い、平成19年9月に「石西礁湖自然再生全体構想」をまとめました。

現在は、全体構想に基づき、目標実現に向けた活動の実施について意見交換を行っています。

 

http://sekiseisyouko.com/szn/entry/aboutszn.html

 

20回目を迎えた石西礁湖自然再生協議会では、

昨年(2016年)の大規模な白化について、環境省が実施した数値結果の報告がありました。

昨年は、6月から9月にかけて30℃を超える高海水温の状況が続きました。

その結果、

7月下旬から8月中旬までのサンゴの被度は(海底面をサンゴが覆う割合のこと)29%、白化率89.6%、死亡率5.4%でした。

通年は、台風来襲による海水温の低下があるのですが、

昨年は台風の通過が僅かで、海水の撹拌が少なく、海水温の低下が大幅に遅れました。

9月下旬から10月上旬の数値はさらに悪化し、被度20%、白化率97.1%、死亡率56.7%。

その後、気温の低下に伴いサンゴの若干の回復が見られたものの、

11月下旬から12月下旬での調査は、被度12%、白化率91.4%、死亡率が70.1%との数値が出ております。

 

sango

昨年7月の竹富東沖でのサンゴの白化(写真提供:Akira Uesedo)

 

いわば、陸地であれば森の7割が消失したといえる大規模なサンゴ白化。

 

地球温暖化の進行や天候不順は人為的に防ぐことができません。

研究者や有識者、業界団体で構成される石西礁湖自然再生協議会では、

大規模なサンゴの白化現象を受け、どのような対策が考えられるか意見交換が行われました。

サンゴがストレスを溜める要因となっているバクテリアや

赤土に生息するバクテリアなどの研究ならびに対策を進めたり、

サンゴに付着する藻類を食べる魚類の漁獲を制限するなどの意見がありました。

石西礁湖自然再生協議会では、

地域と連携してサンゴ礁の再生に向けての取り組みや、

重要性を普及啓発する活動を進めています。

(ta)

2016年8月12日

気ままに集落散策2日目

集落散策チラシGW

本日2名の参加で開催しました。
前日から竹富島にお泊りしており、
カイジ浜~西桟橋へは自転車で行かれたということなので
集落をメインに散策しました。
前夜の雨で蒸してはいますが太陽がカンカン照りではないのでまずますのお天気。
途中途中集落内の辻では、吹き抜ける気持ちの良い風を堪能できました。

念のため傘をもって、ビジターセンターゆがふ館よりスタートし
集落へ道のりを行きます。
その昔薪として使用するために導入したギンネムとその行く末や、
沖縄独特の広い作りのお墓とそこに親戚みんなで集まる
十六日祭の話などをしながら集落向かいます。

Ohaka

東集落へ入るところにあるスンマシャ―の役割から始まり、
家の作りや島の日常生活のこと、ライフラインのこと、
暮らしにまつわる話を中心に、ずんずんアイノタ集落を縦断していきます。

20160812sansak

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カタツムリやヤモリ、おんぶバッタ、牛の近くで地面を突っついているカラス、
畑で飼われている山羊など観察し、生き物に関心があるご様子でした。

もう少し休憩できる場所をルートに入れてご案内できればよかったと反省です。
本日は、ご参加ありがとうございます、また竹富島へお越しください!

[ 散策ルート ]

ゆがふ館

東集落

旧与那国家住宅

ンブフル丘

仲筋集落

前泊家の黒木

仲筋スンマシャ―

仲筋御嶽

まちなみ館

2016年5月11日

大塚勝久さん写真展「平久保半島サガリバナの原風景」が開催されます。

4月15日に西表石垣国立公園が拡張され、
西表島は全域、石垣島北部一部地域も国立公園に指定されました。

詳細はコチラ⇓
http://www.env.go.jp/press/102401.html

西表石垣国立公園の拡張記念ならびに
平久保半島サガリバナ大群落の記録を撮りつづけた
写真家の大塚勝久氏の写真集出版記念として、
「平久保半島サガリバナの原風景」写真展を開催いたします!

キャプチャ

「平久保半島サガリバナの原風景」展

会期:平成28年5月24日(火)~5月29日(日)
時間:午前10時~午後5時
会場:石垣市立図書館1階ギャラリー
主催:石垣市・環境省那覇自然環境事務所

2015年8月31日

バヤケーラ コンドイ展開催中です。

バヤケーラコンドイ

8月16日から9月30日まで、館内テードゥンギャラリーにて
バヤケーラ コンドイ(私たちのコンドイ浜)展を開催しています。
島民や竹富保育所の子どもたちが、コンドイ浜の情景を絵や写真で表現しています。

DSC07875   DSC07879

kondoisouta

島の暮らしを通じた、
コンドイ浜へのメッセージを感じ取っていただければと幸いに存じます。
多くの皆さまのご観覧を心よりお待ちしております。

2015年4月16日

平成27年度 竹富公民館祭事・行事表

平成27年度竹富公民館祭事・行事表

【 ↑をクリックしてください! 】

昨晩行われた3集落の月例会にて発表された、
平成27年度竹富公民館祭事行事表をUpいたします。

今年の豊年祭は8月4・5日と例年に比べ遅くなります。

これは、昨年閏月があったため旧暦6月2回目のみずのえ・みずのと

の周りが遅くなったためです。

また、例年通り9月は祭事行事が集中していますが、

9月20日は節祭と世迎いが同時に執り行われる大変忙しい日となりそうです。

そして、みなさんが心待ちにしているタナドゥイ(種子取祭)は、

11月4日から。奉納芸能の二日間は11月10・11日となっています。

(ta)

2015年4月1日

ホームページに新しいアイテムが増えました。

ゆがふ館のホームページに「館内案内」と「韓国語」ページを追加しました。
館内案内のページは、ゆがふ館の内部写真を見ることができるようになり、
分かりやすい案内のページになっております。

皆様ぜひご覧ください!

kannaiannai

2013年10月3日

台風23号の来襲

10月に入りほどよい陽ざしと気温になると思いきや、

油断していました。

そう、それは台風。

数日後、八重山地方に台風23号が来襲します。

気象庁によると、

本日12時現在、台風23号は沖縄の南を北に向って進んでおり、

中心付近の気圧は985ヘクトパスカル。

瞬間最大風速は35メートルとの情報です。

今後は発達しながら沖縄島と宮古島の間を北西に向って進むとの予報で、

4日遅くから6日にかけて先島諸島は大荒れとのこと。

 

八重山を訪れるみなさん、

引き続き台風23号のチェックを怠らぬようお願いいたします。

(ta)

 

 


竹富島ゆがふ館 all right reserved..
(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)