September 28, 2011

波里若御嶽

竹富島に数多く点在する御嶽(オン)。
沖縄本島では“ウタキ”や“オタケ”と呼びます。
現在、竹富島には28あるとされ、
竹富島の精神世界の中心に位置する神聖な場所です。

DSC01959.JPG

今回は、竹富島の波里若村の創設の神で、
竹富島で執り行われる神事の中心となる六山(ムーヤマ)のひとつ、
波里若御嶽(バイヤオン)をご紹介します。
波里若御嶽には、
波里若村の氏神である塩川殿(スーガドゥン)と
渡来先の徳之島から招かれた神がまつられています。

創建の由来は、
琉球王国が1713年に編纂した『琉球国由来記』に記されています。


波れ若御嶽
神  名 新かしの神山
御いべ名 袖たれ大あるじ
(徳島より御渡塩川殿おかみ初る)


六山の神々でもっとも若かったといわれる塩川殿は、
優しく欲のない方であったと伝えられています。
また、波里若村は、
六山の村々が次々と玻座間村と仲筋村に吸収されていくなかで、
唯一“はれはか村”の名称で、一つの村として記録されています。
(1651年『宮古八重山両島絵図帳』)

(ta)

※ 御嶽は神聖な場所です。
  鳥居から中へのお立ち入りはご遠慮ください。

これまでに、六山八山の御嶽をご紹介してきましたが、
竹富島に血縁関係がある方や古くから竹富島にお住いの
ほとんどの方が、六山の氏子に所属しています。

そこで、
六山の氏子組織についての記述をみなさまにご紹介しましょう。
【引用:崎山毅著 『蟷螂の斧』 1972年7月15日 錦友堂写植発行】

神山の組織

神山には女の神司(神官)と男のテズリビ一人と「とのい元」と氏子がいる。

 /聖 (かんつかさ・カンチカサ)
神司には、大司、次(すんぬ)の司、神女(又は脇司)、神の子、
袖ぬ子、願い人などの階段がある。
大司は男系相続の司の家の成人した子女の中から一人を選んで
相続させ、代々世襲する。未婚、既婚を問わず女子としての充分な
教養を身につけ、女としての豊かな経験を積み、
氏子の信頼の厚い女子が継承する。
司が嫁に行くときは、司の香炉は婚家へ移る。
「司の家」の長男の娘が成人して司の職がつとまるまで勤める。
次の司は大司の補佐役であって代々世襲。神女、神の子、袖の子も殆ど同じ。
  
◆ー蠕⊃諭覆討困蠅咫Ε謄ズリビ)
神山の執事役にあたる男子であって、神司と氏子との間にいて事を連絡する。
祭のときまたはおふれまいなどのときは神山の主人役を勤める。
移民当時の有力者の家系で世襲されている。

 殿居元(とのいもと・トゥヌイムトゥ)
氏子の総元帥であって、神山の祭の直接の執行責任者である。
神山を創設し、部落を創設した神々の家系で世襲している。
六山のうちで、現今まで連綿と続いていると考えられている神々の家は
玻座間御嶽の根原金殿の直系の根原家と
久間原御嶽の久間原発金殿の久間原家であって、
推定1250年以上続いていると考えられている。

ぁ仝耿嵎篋粥覆んをさ・オンブサ)
とのい元の下で、神山に関する諸事を執行する男子。
氏子のうちから選ばれる。

ァ〇畛辧覆Δ犬魁Ε筌泪縫鵐献紂
六つの部落は皆出身を異にした同郷集団で構成されているが、
島が小さく経済婚姻が六部落間で混同して一つになったため、
ハナスク・久間原・波利若はハザマ村に合併し、
小波本・仲筋は合同して仲筋村を作っている。
ところが神山の神祭りは、昔から筋のことは血統以外の人には
して上げられないといわれているため、合併することもできず、
それぞれ別個に独立して行われる。
従って各祭の経費を負担する氏子を決めるには、
昔からちゃんとした慣行がある。
即ち、氏子はすべて男系によって継承されるから、
子供は男女共に父方の神山の氏子になる。
婿養子のときは子どものうち男子のないときは女子一人を
選んで養家の神山を継がせる。
嫁(母)は、血統を異にするから、
一生里方の神山に奉仕する。
また母は(特に神山の下位の司である場合)
自分の娘のうちから一人選んで自分の後継者とすることができる。

投稿者 takidun : 10:37 AM

September 25, 2011

キャーンギ (イヌマキ)

日の入りの時間も早くなり、
初秋をようやく感じられるようになった竹富島。

時おり落ちる雨のお陰で、
草葉が嬉々として繁茂します。

inumaki01.jpg

何気にキャーンギ(イヌマキ)を眺めてみると、
深い緑色の葉の上には、
新しい葉が生まれています。

inumaki02.jpg

竹富島の集落でよく見ることができる
イヌマキは、
イヌマキ科の常緑高木で、
本州の房総半島以西から台湾まで分布します。
幹は建築用材として重宝され、
竹富島では家屋の用材として欠かすことのできない存在です。
(参照:『沖縄大百科事典』沖縄タイムス社発行)


東集落に位置する
丸八レンタサイクルさんの北側には、
多くのキャーンギが植えられており、
いかに竹富島にとって大切な樹木であるかが分かります。

柔らかい種子は子どものおやつとして食されてもいた
キャーンギ。
フクギやヤラボ(テリハボク)と並んで、
竹富島の代表的な樹木です。

(ta)


投稿者 takidun : 10:36 AM

September 20, 2011

米寿を迎える敬老会

竹富島では、
昨日(19日)に第88回敬老会が開催されています。

23keirouh01.JPG

23keirouh02.JPG

(ta)

23keirouh03.jpg

今年の敬老会は記念すべき88回目。
人に例えると、「米寿」を迎えます。

今年の新敬老会員は1名。
竹富島での数え年70歳を迎える方々は
91名となります。

23keirouho4.jpg

5月10日現在の竹富島の人口は346名。
そのうちの91名が敬老会員です。
人口比率でみると、約26%が高齢者です。

ちなみに、
テレビで報道されていた日本国内における
高齢者の人口比率は約23%とのこと。
巷(ちまた)では、
「超高齢化社会を迎える日本」と囁かれているそうですが、
竹富島で活き活きと暮らす
大先輩の方々のご活躍を照らし合わせてみると、
皆さん、まだまだバリバリと働いてもらえる。

そのような気がしてなりません。

敬老の日、おめでとうございます。


23keirouh05.jpg
恒例の万歳三唱。
檀上左から:
阿佐伊孫良竹富老人クラブ会長、上勢頭芳徳竹富公民館長、野原裕佳石垣竹富郷友会長

(ta)

投稿者 takidun : 03:35 PM

September 16, 2011

その後のパパイヤ

7月3日付のブログでご紹介した

竹富島ゆがふ館に自生するパパイヤ。

今年の夏は少雨にもかかわらず、
ここ数日の降雨でさらに稔りを授かっています。

(ta)

papaiya02.JPG

私たちの食生活に潤いを与えてくれるパパイヤの実。
ついついパパイヤの実ばかりにに目が行きますが、
綺麗な花をつける
“オス”のパパイヤも捨てたものではありません。

papaiya03.JPG

ところで、
実をつけるパパイヤの見分け方については、
さまざまな見解がありますが、
竹富町立竹富小中学校の発行する、
9月14日付「学校便りうつぐみ」では、
以下の記事が掲載されていました。

知って 「えっ、そうなの」と思う話

 先日、パパイヤのオス、メスの見分け方の話になった。
地域の長老の方々の話が実に面白くてついメモを取りました。
「えっ、そうなの」と疑うような話ですが、本当だそうです。

パパイヤの木には実のなるもの(メスの木)と実のならない
もの(オスの木)があります。
私の経験では、種から芽が出て大きくなり、花をつけるまで
この区別がなかなか分かりません。
 そこで、色々な方に聞きました。オス、メスの区別をつける
見分け方というと。

有力な説

1.種のとき見分ける
 種がとれそうな熟したパパイヤの実を半分に切ります。
 下の部分が実のなる種(メスの種)で、上の部分が実の
 ならない種(オス)である。
 長老に言わせれば瓜類はみな共通だそうです。

2.発芽してから見分ける
(1)
  パパイヤの種が発芽して1か月くらい経つと、
  根が付いてきます。根が直根だとオス、ひげ根だとメス。
  ちなみに台湾の方もこのように見分けるそうです。
(2)
  パパイヤの種が発芽して1か月くらい経つと、
  成長に差が出てきます。
  早く大きくなりすらっとしたものはオス、成長がやや遅く
  茎が太いのものはメス。
  (2)の説はやや?


毎月定期的に発行し、
児童生徒たちが各家庭に配達してくれる
「うつぐみ」ですが、
子どもたちの学校での活動やPTAの動きなどを詳しく紹介しており、
ユニークな誌面はお年寄りから小さな子どもたちまで
島内で大人気です。

現在、
八重山では教科書の選定問題で揺れに揺れているものの、
「うつぐみ」の誌面からは、
楽しく、丁寧に、
さらには様々な示唆を含ませながら構成されている
記事や言葉のひとつひとつに、
竹富島の教育現場、
ひいては
学校教育の原点に触れることができます。

竹富小中学校の先生ならびに関係者のみなさま。
シカイト  ミーハイユー

投稿者 takidun : 10:36 AM

September 15, 2011

竹富島ビジターセンター運営協議会定例会議

昨日は、
竹富島ゆがふ館を運営する諸団体で組織する
「竹富島ビジターセンター運営協議会」の定例会議が、
竹富島ゆがふ館事務室で開催されました。
本来ならば、6月頃の開催するのですが、
諸事情により昨日にようやく開催することができました。

竹富島ゆがふ館の運営をサポートする団体は・・・・

● 環境省那覇自然環境事務所
● 環境省那覇自然環境事務所石垣自然保護官事務所
● 地縁団体法人竹富公民館
● 沖縄県環境生活部自然保護課
● 竹富町自然環境課
● 竹富町教育委員会
● NPOたきどぅん
● 有限会社竹富島交通
● 竹富民宿組合

会議では、
昨年度の竹富島ゆがふ館の管理運営についての報告、
さらに、今年度(平成23年度)の活動案について協議しています。

今後も、
観光に訪れる方のみならず、
島民にも足を運んでもらえるゆがふ館であり続けます。
あらためて、
みなさまのご支援ご賛同をよろしくお願いいたします!


投稿者 takidun : 04:24 PM

September 13, 2011

十五夜の願い

南東の海上に発生した熱帯低気圧の影響を受け、
ここ数日、竹富島の天気は思わしくありません。
降りしきる雨が落ちるなか、、
昨日(12日)、
竹富島では十五夜祭が行われました。

残念ながら、3集落の旗頭
( 東集落 太陽 「瑞光輝」)
( 西集落 龍 「五風十雨」)
(仲筋集落 緋鯉 「雙鯉躍」)
を揃ってみることはできませんでしたが、
3支会(東・西・仲筋)の集会場では、
各支会の住民、
さらに、
石垣島在住の竹富島出身者が集い、
それぞれの旗頭を丁重に飾り、
旗頭を前に支会ごとに楽しいひと時を過ごします。

当ブログでは、いんのた会(西集落)で行われた
十五夜祭をご紹介しましょう。

(ta)

DSC01966.JPG
龍を司るいんのた会の旗頭

DSC01968.JPG
旗頭を前にして
いんのた村、
さらには竹富島の安寧と繁栄の感謝、
そして、十五夜祭を行うことの報告を行い、
参加者全員でますますの村と島の発展を祈願します。

DSC01979.JPG
ときおり止む雨の合間をぬって、
旗頭を先頭に、銅鑼と太鼓の音に合わせながら村をねり歩きます。

残念ながら
綺麗な満月を参加者で一緒に見ることはできませんでしたが、
午後11時頃に見ることができた雲の合間から顔を出した美しい月は、
竹富島の未来を明るく照らしているようでした。

投稿者 takidun : 11:06 AM

September 05, 2011

まつりのあと

「結願祭」と「世迎い」
ふたつの祭を同日に行った今年の竹富島。

まつりの後片付けを終えた、
午後6時30分頃の清明御嶽。

DSC01886.JPG

三つの集落の集会所と、
狂言部が集う有田屋(アリンジャ)では、
今日の奉納の反省会が行われます。

毎年、必ず見ることができる光景と、
毎年、必ず感じることができる雰囲気。
ここに、
本来の竹富島が漂わせる“香り”に
触れることができます。

(ta)

投稿者 takidun : 08:20 PM

結願祭〜奉納〜

平成23年度結願祭の奉納芸能は8点。
(踊り幕は仲筋支会の提供)

“余興”とは大きく異なる“奉納”とあって、
タナドゥイ(種子取祭)の奉納と同様に、
狂言人、踊り子からは緊張感を感じることができます。
しかし、
会場の雰囲気は、
舞台と客席との間隔が近い結願祭の奉納のほうが、
より
「村祭り」らしさを感じさせてくれます。

今年の
「芋堀狂言」で稔った芋の名は、
「なでしこジャパン」とのこと。
会場は爆笑の渦。
大いに盛り上がったそうです。

(ta)

02.JPG
「始 番」 ― 狂言部 ―

06.JPG
「赤馬節」 ― 東支会 ―

07.JPG
「ゆがふ口説」 ― 仲筋支会 ―

08.JPG
「まつにゃーま」 ― 西支会 ―

09.JPG
「芋堀狂言」 ― 狂言部 ―

10.JPG
「湊くり」 ― 東支会 ―

11.JPG
「大浦越路」 ― 仲筋支会 ―

12.JPG
「一本ゼー」 ― 西支会 ―

投稿者 takidun : 07:48 PM

世迎い (ユーンカイ)

0905yunkai.JPG
平成23年9月5日午後1時7分 ニーラン神石

アガトカラ クルフニヤ
バガイヌ トンチャーマ
ウヤキ ユーバ タボラル


遥か彼方から 向かってくる船は
私たちの 愛おしい 兄弟たちだ
素晴らしい 世を 賜わります。

(ta)

投稿者 takidun : 06:21 PM

結願祭 〜夜籠り〜

0904minuon.JPG

9月4日、
午後11時を過ぎた頃の清明御嶽の灯と、
仲筋御嶽の神司。

5日には、結願の参拝と
同日に執り行われる「世迎い」。

そして清明御嶽で奉納芸能が執り行われます。

(ta)

投稿者 takidun : 09:22 AM

September 02, 2011

カンユリ

〜 カンユリ 〜

1.御嶽の神、氏神などを信奉していた人が死去した際、願い下げをすること
2.神司が引退すること。ユリは「許し、許可」のこと。「神の許し」の意。

≪ 出典:『竹富方言辞典』 前新 透 著  2011年  南山舎 発行 ≫

昨日(9月1日)は、
竹富島の神々と島人たちの思いをつなぐ仲介役を務める神職、
玻座間御嶽の神司、
富本定子さんのカンユリ(引退式)が執り行われました。
玻座間御嶽の神司は竹富島の神司の長であり、
大司(ウフツカサ)と呼ばれています。

カンユリは、親族と玻座間御嶽の氏子の皆さんを中心に行われ、
仲筋御嶽、久間原御嶽、花城御嶽、波利若御嶽の神司の協力を得て、
六山、八山をはじめとする竹富島の御嶽や8か所の井戸を参拝し、
竹富島の神々に引退の報告し、
お許しをいただいています。

0901kanyuri01.jpg

0901kanyuri02.jpg


玻座間御嶽の氏神、
根原金殿の末裔にあたる
富本定子さんは、平成7年、70歳の高齢で
玻座間御嶽の神司の大役を勤めて以来、
竹富島の神行事を掌ってきました。

竹富島では、
大司の引退により神職が2名欠員となりました。
新たな神司が神々によって選ばれるまで、
4名の神司が、竹富島を見守ります。

(ta)

投稿者 takidun : 10:51 AM