April 30, 2010

月桃忌

 竹富島をこよなく愛し、今もなお島人に慕われる
故岡部伊都子先生の3回忌が、昨晩こぼし文庫で行われました。

getto1.jpg

先生が大好きだった月桃(げっとう)に因んで月桃忌と名付けた
わずか1時間ほどの小ぢんまりとした追悼式ですが、
竹富小中学校の生徒たちは勿論のこと、学校関係者、
岡部先生との交流があった島人たちが集いました。

getto2.jpg

岡部先生は一昨年の2008年4月29日に
肝臓癌による呼吸不全で85歳でご逝去されましたが、
こぼし文庫に並べられた書物には、毎年こつこつと先生が
送り続けてきた想いがいっぱい詰まっています。

getto3.jpg
新一年生は、クバの葉ユンタを元気よくうたってくれました。


いま、この瞬間も、
岡部先生は
竹富島の“こぼしさま”たちをお見守り下さって
いることと思います。

合掌

(ta)

投稿者 takidun : 04:24 PM

April 26, 2010

竹富島のデイゴを救おう実行委員会の活動(その2)

0424deigo1.jpg

竹富島のデイゴを救おう実行委員会は、
24日・25日の二日間にわたってデイゴヒメコバチ駆除のための
薬剤の樹幹注入を実施しました!

0424deigo2.jpg
樹幹注入を行う前に、器具の使い方、デイゴのアフターケアのやり方を教わります。
樹幹注入の技術指導、器具類のご提供は、
井筒屋化学株式会社からご支援をいただきました。
まことに有難うございました。

0424deigo3.jpg
ホーシ道での作業

0424deigo4.jpg
世持御嶽での作業。高所につき、重機を使用しての作業です。

0424deigo5.jpg
朽ちたデイゴを解体し、処分も併せて行いました。


2日間で実施した場所は〜
ホーシ道(桟橋から集落へ至る道:別名桟橋通り)
世持御嶽
仲筋井戸周辺
そば処竹の子前

島内に自生するデイゴのほぼ7割にアトラック液剤を注入し終えました。
注入に必要な器具類が不足していたため、全てのデイゴに注入することは
出来ませんでしたが、器具が届き次第再度実施する予定です。
なお、今後の予定としては・・・・。

旧ビジタセンター北及び南周辺
環状線および外周道路、崎山毅翁碑周辺、
蔵元跡付近、竹富診療所南、仲筋集落などです。

今後は一日の仕事を終えた夕方に島民が集い、
作業を行います。

作業をする島民を見かけましたら、是非ともあたたかいご声援を
よろしくお願いいたします。

また、この二日間の作業をお手伝いいただいた
八重山農林高等学校の生徒さん、石垣竹富郷友会青年部の皆さん
シカイトミーハイユー。


(ta)

投稿者 takidun : 11:58 AM

April 22, 2010

竹富島のデイゴを救おう実行委員会の活動(その1)

 新年度の竹富公民館執行部体制も落ち着いた竹富島では、
いよいよ本格的にデイゴヒメコバチの駆除作業に取り掛かります。

deigo1.jpg

deigo2.jpg


竹富島を訪れた方は、デイゴ並木のホーシ道(桟橋通り)
をご覧になって、「おや??」と思われたかもしれません。

これは、先日(17日)にホーシ道のデイゴ6本を、
試験のため枝落としをしています。

deigo3.jpg
これらは焼却処分され、デイゴヒメコバチの飛散を防ぎます。

いよいよ24日(土)・25日(日)には薬剤をデイゴに注入します。
作業は午前9時、世持御嶽前からはじまります。

(ta)

投稿者 takidun : 03:54 PM

April 17, 2010

竹富島の年間祭事行事

 4月15日に行われた3集落の定例会にて
発表された竹富島の年間祭事行事一覧表を
ブログをご覧のみなさまにお知らせいたします。

 今年の豊年祭(プイ)は7月31日・8月1日
皆さまが心待ちにしている種子取祭(タナドゥイ)
は10月1日から執り行われ、奉納芸能は10月7・8日です。

22saiji.JPG

(ta)

 

投稿者 takidun : 12:05 PM