October 25, 2009

台風一過

 徐々に勢力を弱めながら八重山地方を襲った台風20号は、
昨夜未明に八重山地方に接近後、先島諸島南海上を東北東に進んでいます。

昨日10時00分石垣発以降欠航した定期船も、
本日8時00分石垣発の定期船から運行を再開しています。

1025yugafu1.jpg

八重山を襲う台風は、勢力を強めながら進路を取ることが多く、
台風が過ぎ去ったあとも、天気はぐずぐずし、強風・高波などの影響が残ります。
現在もやや波は高く、風も穏やかとは言えませんが、
勢力が弱まっていたお陰でしょうか、今回は珍しく晴れ間が覗いています。
ゆがふ館の前庭では、鳥たちが過ぎ去った台風を喜ぶかのようにさえずります。

「台風一過」という言葉がほとんど当てはまらない八重山地方ですが、
せっかくの日曜日。
ゆっくりと竹富島観光をしていただきたいと思います。

1025yugafu2.jpg
8月の台風襲来時に比べ、
今回はゆがふ館前庭の清掃も手間が掛からずに済みそうです。

(た)


投稿者 takidun : 10:36 AM

October 23, 2009

今日のゆがふ館

 台風20号の影響が徐々に出始めている八重山地方。
こうしたなか、ゆがふ館には大勢のかたにご来館いただいています。

 午前中は「素足で感じる竹富島」ツアーご参加の9名さまをはじめ、
竹富島民具づくり教室のメンバーもゆんたくコーナーで縄綯いの練習
をしていました。
 午後からは、大阪府立渋谷高等学校の生徒160名ならびに、
各地から大勢のみなさまが足を運ばれました。

1023yugafu.jpg


波風も徐々に荒くなっており、今後の台風20号の動向が
気になるところですが、せっかく訪れた竹富島、そしてゆがふ館です。
ごゆっくりと、お過ごしください。

シカイト ミーハイユー

みなさんのご来館、深く感謝申し上げます。

(た)

投稿者 takidun : 04:25 PM

October 17, 2009

海人写真家 古谷千佳子さん出演

今年の3月19日(木)〜4月9日(木)のあいだ、
鮮やかな海や漁に携わる人々の写真をゆがふ館にて展示していただいた
(写真展について→http://WWW.taketomijima.jp/blog/archives/000780.html)
海人写真家の古谷千佳子さんがNHK教育テレビに出演します!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 NHK教育「グラン・ジュデ〜私が跳んだ日〜」
 10月17日(土) 本日!!!
    23:25〜23:54
    再放送 10月24日(土)12:00〜12:29
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
みなさま、是非ご覧下さい!


番組についてはNHKのサイトをご覧下さい。

http://www.nhk.or.jp/partner/grand/

投稿者 takidun : 04:11 PM

October 15, 2009

2009年度種子取祭奉納芸能

 10月6日のトゥルッキの儀式から始まった種子取祭も、
昨日(14日)の支払議会をもって無事に執り終えることができました。
 種子取祭のハイライトとなる奉納芸能には、
今年も大勢の方が島を訪れ、きらびやかな芸能を堪能されていました。
 会場では、毎年大勢の皆さまから「奉納芸能のプログラムはないのか?」
とのお問い合わせを受けますが、芸能は神供物の位置付けであるため、
プログラムとしてお知らせすることをしておりません。

2009tanadui1.jpg

2009tanadui2.jpg

2009tanadui3.jpg

種子取祭を無事に執り終えた本日、ブログをご覧のみなさまに、
そっと2009年度の舞台の芸能64演目をご紹介しましょう。

平成21年10月12日 奉納 神供物
 1.長者
 2.弥勒
 3.鍛冶工
 4.赤馬節
 5.早口説
 6.しきた盆
 7.組頭
 8.種子取節
 9.真栄
10.世持
11.八重山上り口説
12.仲良田
13.安里屋
14.世曳き
15.大浦越路
16.南洋浜千鳥
17.高那節
18.伏山敵討
19.鶴亀節
20.桃里節
21.湊くり
22.正月ユンタ
23.松竹梅
24.ペーク漫遊記
25.布織りユンタ
26.組長刀
27.元タラクジ
28.八重山下ル口説
29.胡蝶の舞
30.ガイジンナー
31.弥勒御水
32.いじゅぬ花
33.鳩間節
34.竹富口説
35.曽我の夜討

2009tanadui4.jpg

2009tanadui5.jpg

2009tanadui6.jpg

平成21年10月13日 奉納 神供物
 1.長者
 2.弥勒
 3.シドゥリャニ
 4.かぎやで風
 5.揚作田節
 6.天人
 7.たのりゃー
 8.世果報花節
 9.蔵ぬ花節
10.竹富節
11.種子蒔
12.崎山節
13.揚古見ぬ浦
14.仲良田節
15.かたみ節
16.盛山ぬドッケマー
17.する掬い
18.夏花
19.武の舞
20.仲筋ぬヌベー
21.父子忠臣
22.扇子舞
23.古見ぬ浦節
24.畑屋の願い
25.高那節
26.長刀の舞
27.サングルロ
28.海上節
29.鬼捕り

2009tanadui7.jpg

(た)

投稿者 takidun : 12:09 PM

October 05, 2009

種子取祭の日程について

  平成21年度(2009年)
  竹富島の種子取祭

1. 8月22日(つちのとゐ)、節祭(昔の正月)
  新しい季節を迎えたことを神々に祈り、
  作物を育む大地と命の水(井戸)に感謝する神事。

2. 古来より節祭から49日目のつちのえねの日を祭日とする
  種子取祭に入るとされている。

3. 9月26日(旧暦8月8日)、世迎い(ユーンカイ)。
  竹富島にニライカナイの国から神々より種もみが
  もたらされるという神事が行われる。

4. 本年は、10月10日がつちのえねの日にあたり、その日に種を蒔く。
  昔から、それより4日前のきのえさるの日から種子取祭の日程に入る
  とされている。

5. 10月6日(きのえさる)種子取祭初日。
  初日はトゥルッキと称し、祭の計画手配を行い、
  玻座間、仲筋の両地区の長者(ホンジャー)の前で無事に奉納芸能
  が尽くせるようにとの祈願を行なう。

6. 10月7.8.9日
  種子取祭の諸準備。踊り、狂言の稽古を行う。

7. 10月10日(つちのえね)
  男生産人(16歳〜65歳迄)は、早朝から幕舎張りなどの奉納芸能
  の舞台つくりを行う。出欠を取り、理由もなく出役しない者には
  過怠金を科す。
  各家では種まき。主婦はイイヤチ(飯初)作り。公民館役員や神司は、
  揃って玻座間御嶽、世持御嶽、清明御嶽、根原家などを廻り
  種子取祭の願いを行なう。神司は、その後それぞれの御嶽で
  祈願して案内をかける。

8. 10月11日(つちのとうし)
  ンガソウジといって、前日に蒔かれた種がしっかりと土につくように、
  精進を尽くす日とされる。家の主がブママンガンー・ブナルンガン
  (姉や叔母を神とすること)を招いてイイヤチ戴みの儀式などもある。
  芸能の稽古の総仕上げの日。
  午後8時から公民館役員、三郷友会会長などがブドゥイドゥン
  狂言ドゥンを訪ねて挨拶し激励する。
  午後5時頃から全国竹富島文化協会主催の種子取祭に関する講話が
  まちなみ館で行われる。

9. 10月12日(かのえとら)
  バルビル願いの日、奉納芸能初日。
  午前5時30分、彌勒奉安殿には公民館役員、有志、三郷友会長などが
  弥勒興しの祈願。玻座間御嶽では神司たちの祈願。
  その後、両者は世持御嶽で合流し、バルビルの願い、
  イバン取りの儀式がある。
  場所を奉納芸能の舞台に移して、干鯛の儀式が行われる。
  8時前、西地区の主事宅へ参詣。
  9時頃、世持御嶽へもどる。
  8時頃から全国竹富島文化協会主催の種子取祭に関する講話が
  まちなみ館で行われる。
  9時30分頃から、庭の芸能を奉納。
  棒術、太鼓、マミドー、ジッチュ、マサカイ、祝種子取、腕棒、
  馬乗者の順で行われる。
  10時30分頃から玻座間村の舞台の奉納芸能が行われる。
  その順序は、玻座間長者、弥勒、鍛冶工、組頭、世持、世曳狂言など。
  別途演目あり。曽我の夜襲で初日の芸能は終了する。
  (玻座間村の舞踊は、東と西の両地区が一年ごとに担当し、
  担当しない地区は数点を奉納することになっており、
  本年は東地区の担当)。
  17時30分頃、イバン戴みの儀式がある。
  それから世乞い(ユークイ)が始まる。
  世乞い(ユークイ)は、種子取祭を根原カンドゥをまつる根原家から
  始まり、その後、三地区に別れてユークイが深夜まで行なわれる。
  西地区は、神司の家、玻座間長者家、顧問宅、主事宅、
  それから家々を回り最後は有田家。
  東地区は宇根家、与那国家、神司家、顧問宅、主事宅、
  それから家々を回り最後は宇根家。
  仲筋村は、仲筋長者家、神司家、その後に各家々を回る。
  22時頃石垣への船の臨時便あり

10. 10月13日(かのとう)
  午前5時、三地区に別れていたユークイの一団は、
  根原家で一つになってユークイの留めを行なう。
  5時30分頃、世持御嶽へ。イバン返上を行ない、ユークイは総て終了。
  二日目のムイムイの願い。
  幸本フシンガーラの願い日とされ、それを祝して仲筋村の
  シドゥリャニが奉納される。
  その後、前日同様の干鯛の儀式がありその後、玻座間村東地区の
  主事宅へ参詣。
  9時頃世持御嶽へもどる。
  9時30分頃から、庭の奉納芸能(前日と同じ)がある。
  10時30分頃から、仲筋村の舞台の奉納芸能が終日行なわれる。
  別途奉納芸能演目がある。
  仲筋村長者、弥勒、御主前狂言、種蒔い狂言、天人狂言などがあり、
  最後は鬼捕りで奉納芸能は終了。
  17時30分頃、芸能の奉納はすべて終了し、
  18時30分頃、石垣行臨時船便あり。
  種子取祭首尾方の御礼(世持御嶽、彌勒奉安殿)を行う。

11. 10月14日(みずのえたつ)
  男生産人は、早朝から幕舎片付け、経理係は祭の精算に取り組む。
  午前10時頃から竹富公民館で公民館役員・有志と三郷友会
  (石垣・沖縄・東京)幹部との懇談会がある。
  支払い議会を開催して種子取祭の精算を終える。
  夜(18時頃)は全国竹富島文化協会の総会が開催される。

12. 10月15日(みずのとみ)
  種子取祭物忌(むぬん)。現在は省略している。


  特定非営利活動法人たきどぅん
  理事 阿佐伊 孫良

投稿者 takidun : 04:34 PM

October 04, 2009

たなどぅい特集コーナー

ゆがふ館の受付前には書籍販売のコーナがあり、
八重山の文化初めとする書籍を販売しております。

tanadui-y01.jpg

種子取祭目前のこの時期、
竹富島の種子取祭を知ってもらう入口となるよう、
種子取祭関係の書籍を中心に特集コーナーを開設しました。

tanadui-y02.jpg

ゆがふ館に来館した際には是非お立ち寄りください。

投稿者 takidun : 04:03 PM