December 28, 2007

年末年始も開館します!

 いよいよ今年もあと僅か。
年末年始の準備は着々と進んでいますでしょうか?

環境省 西表石垣国立公園
竹富島ビジターセンター竹富島ゆがふ館
は、みなさまのご要望にお答えしまして、年末年始
(12月29日〜1月3日)を休むことなく開館いたします。
(おばぁによるゆんたくコーナーおよび物品の販売は休み)

 オーリトーリ シッカイトミーハイユー

 大勢の方々のご来館をお待ち申し上げます。

(TA)


投稿者 takidun : 11:04 AM | コメント (0)

December 25, 2007

みんなの器

 ゆがふ館に来館される方々の中でも問い合わせが多い
『五香屋』の焼き物。
 竹富島在住の作陶家 水野景敬さんの作品です。
 
 水野さんは竹富島に窯をつくり、器には難しいとされる
竹富島の土を独自に工夫を凝らして様々な器を製作しています。
 また、お店である『五香屋』は、仲筋御嶽のトヌィムトゥ(御嶽の統括者)
である登野原屋の本家でもあります。

 ゆがふ館に展示している『みんなの器』について
水野さんは次のように説明しています。

 この作品は、「MADE IN OKINAWA」という一連の作品で、
「2007年沖縄平和美術展」に出品展示されました。
竹富島独特の生活、芸能をモチーフに大胆な線彫りを施し、
ほのぼのとした、おおらかな器作りを心がけました。
 この大鉢の中では狂言『スルックイ』を物語っています。
籠を担いで・・・と、まさに幸福のひと時を表現しています。
 この作品から少しでも沖縄の・・・日本のこれからが幸せ
一杯でありますように。

minna1.jpg

minna2.jpg

minna3.jpg

●五香屋HP
http://www.geocities.jp/gokouya/
●作陶展
「みんなの器 やえやま展」
2008.1.3〜2008.1.16
石垣市大川205−5
BANANA SHOP にて

(TA)


 

 

投稿者 takidun : 09:01 AM | コメント (0)

December 21, 2007

ナーキヨイ(長月祝い)

 12月20日(旧暦11月11日)のツチノエネの日に竹富島では
ナーキヨイ(長月祝い)と呼ばれる祭事が執り行われました。

 この祭事は、公民館祭事の一つではありますが、
もっぱら氏子が中心となって行なわれる祭事です。
公民館執行部は、神司とともに
国仲御嶽、清明御嶽、西塘御嶽を祈願し、
執行部役員もその後は、自らの御嶽の氏子(オンビ)として
六山の各御嶽を祈願します。
豊年祭と同じく氏子の祭りであるナーキヨイは、古くからの
祭事形態を維持しているものと考えられます。
 
 種子取祭で播種した作物の生育を願うこの祭事には、
豊年祭と比べると、喜びに満ち溢れた雰囲気ではありませんが、
作物の成長を祈願するとても大切な祭です。

 ナーキヨイの進行は各御嶽によって異なりますが、
 今回、御嶽の香炉を新たにした花城御嶽についてご案内しましょう。

nakiyoi1.jpg
1. 花城御嶽のトゥヌィムトゥ(御嶽の統括者の屋敷)の
  ジージョン(屋敷神)に祈願する。

nakiyoi2.jpg
2. トゥヌィムトゥの屋敷のザートゥク(座の神)に祈願する。

nakiyoi3.jpg
3.花城御嶽の子御嶽である東美崎御嶽を祈願する。

nakiyoi4.jpg
4.花城御嶽を祈願する。

 氏子が集う祭事は9時30分ごろからはじまり、15時30分頃に
終了しました。
 ナーキヨイにも豊年祭と同様にサプナ、海藻、パパイヤ、もやし
の味噌和え(ブン)が供物としてそれぞれの神に差し出されます。
(花城御嶽は、花城御嶽、東美崎御嶽、ジージョン、ザートゥク、神司の5供物)

 また、御嶽にて謡われる「オオミシャク」「願いの盃」は、豊年祭と若干歌詞が
異なります。

(TA)

 

投稿者 takidun : 09:53 AM | コメント (0)

December 17, 2007

竹富島の祭事について

 現在、竹富公民館主催の祭事行事は全部で22あるといわれています。

 生まれ年(干支)祝いや敬老会(今年は84回目となります!)
など、地域における行事もありますが、祭事と呼ばれるものについては、
主に農耕儀礼に基づいています。
 また、祭事は全て旧暦で日取りが決められています。

 1年のサイクルは太古の正月といわれる「節祭」からはじまり、
旧暦最初のみずのえの日に行なわれる「結願祭」で終了します。

 現在の竹富島の主産業は観光業ですが、祭事は農事サイクルで
執り行われています。1年間の祭事サイクルをまとめてみました。

1. 節 祭     新暦  8〜9月 (太古の正月。ミズの日。井戸を清める)
2. 世迎い    新暦  9月頃   (旧暦 8月8日。ニーランの国から神を迎える日)
3. 種子取    新暦 10〜11月頃 (節祭から49日後、キノエサルの日〜ミズノエタツの日)
4. 九月大願い 新暦 10〜11月頃 (作物生育祈願。ツチの日)
5. 十月祭    新暦 11月頃  (火災、水難防止の祈願。ミズの日)
6. 鍛冶屋ぬ願い 新暦 12月   (旧暦 11月7日 鍛冶の祭)
7.ナーキヨイ   新暦 12月   (作物の生育を願う。ツチの日。氏子の祭)
8. ピルズマ祭 新暦  1月   (ニンニクのように作物が生育すよう祈願する。 キノトウの日)
9. 二月祭     新暦  3月   (種入りの願いともいわれる。2月のミズノエの日)
10. 四月大願い   新暦 5月 (作物生育祈願。ツチの日)
11. 四月祭 新暦  5月    (すら穂ぬ願いともいう。初米、初粟を供える。ミズノエの日)
12. 西塘大祭 新暦  7月    (島の偉人西塘大主に豊年感謝の報告を行なう。 ミズの日)
13. 豊年祭 新暦 7〜8月 (西塘大祭から10日後。豊年の御礼。ミズの日。氏子の祭)
14. 七夕願い   新暦  8月   (旧暦 7月7日 ミルク神の衣装虫干し)
15. 結 願 祭    新暦 9月頃  (1年間の願解きの日。ミズの日。22箇所の拝所を祈願。)

 上記の祭事以外にも旧暦の8月15日に行なわれる十五夜祭、公民館行事では
ありませんが、旧暦7月13日〜15日にショーロ(お盆)があります。

 祭事行事の正確な日程は、
 毎年4月15日までに竹富公民館より祭事行事表が発表されます。

 祭事はたいへん神聖なものです。
 種子取は国の重要無形民俗文化財に指定されており、見学することが可能です。
 (写真撮影等についてはある程度の規制がされています。ご注意下さい。)
 その他の祭事の見学につきましては、各民宿やゆがふ館までお問い合わせください。

 (TA)


投稿者 takidun : 08:58 AM | コメント (0)

December 16, 2007

鍛冶屋ぬ願い

 旧暦の11月7日に竹富島では「鍛冶屋ぬ願い」という
祭事が行なわれます。
 鍛冶屋の御嶽が置かれているンブフル丘北側には
火・水・風の各神の香炉が安置されています。

1216kaji1.jpg

 八重山の島々と同様に、竹富島では鉄を作り出す成分が産出
されず、竹富島に鉄が伝わったのは15世紀頃と見られています。
 隆起珊瑚礁の島であり、別名「イシガンパラ」といわれるほど痩せて
サンゴ岩が多い土地である竹富島では、木の鍬での開墾は多くの
困難を伴ったと考えられます。
 
 それだけに石や岩に負けない鉄の鍬は、島の農作物の生産性
を高めたことでしょう。
 種子取祭に奉納される狂言「鍛冶工」「組頭」においても、
いかに鉄が農耕にとって重要であったかが表現されています。

 古くから行なわれていた「鍛冶屋の願い」でしたが、昭和24年に
祭事を整理する際にその対象となり、竹富公民館主催の祭事から
はずされ、しばらくは神司だけで執り行われていました。
 しかし、平成14年に再び竹富公民館主催の祭事として復活し、
香炉を現在の場所に移し今に至ります。

 僅か30分ほどの小さな祭事ですが、竹富島を支え続けた鍛冶
を祀るとても大切な祈願であります。

1216kaji3.jpg

(TA)

  

投稿者 takidun : 03:00 PM | コメント (0)

December 14, 2007

ビジターセンター運営協議会定例会議

 本日、西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター運営協議会
定例会議が開催されました。

 平成18年度定例会議の開催は、石垣島が西表国立公園への編入に
ともない、大幅に遅れての開催です。

 会長である環境省那覇自然環境事務所長が開会の挨拶を行い、
約2時間にわたり、ゆがふ館の運営にともなう諸々の案件を協議しました。
 ゆがふ館で開催される祭事教室や学習会はもちろんのこと、
会計業務など複雑な事案もあり内容は多岐にわたります。

 副会長である竹富公民館長も出席され、現在のゆがふ館の状況を
把握されていました。

竹富島を訪れる方々にとって、さらに居心地がよいゆがふ館を目指します。
 
 竹富島を訪れる際は、是非お立ち寄り下さいね。

(TA)

投稿者 takidun : 08:05 PM | コメント (0)

学習発表会

kanban.jpg

毎年恒例の竹富小中学校の学習発表会です。

 今年の児童生徒数は33名。文化遺産が多い竹富島ですが、
それでも、子どもたちがいちばんの宝です。

kankyaku.jpg

会場には、たくさんの島の人が子ども達の一年間の成果を観にやってきました。


 学習発表会のねらいのひとつには
「これまでの学習の成果を発表して、児童生徒各自の発表力、表現力、
創造力を育てる」と学校長は話されています。

e.jpg

生徒たち自身考えた校舎内での案内表示も展示されていました。

 今年のプログラムは13点。
三線や寸劇、地球温暖化問題や竹富島のゴミ処理に関する研究発表など
みんなを楽しませたり、感心させたり・・・・。

sugeki.jpg

 こうした取り組みが、沖縄県学校緑化コンクールでの準特選受賞や、
「社会を明るくする運動作文」での最優秀賞(県知事賞)など、
多くのコンクールでの受賞につながっているのでしょう。

 もちろん、家庭、地域挙げての取り組みも忘れてはいけません。
竹富小中学校PTAやこぼし子ども育成会で活動する父兄の皆様。

竹富島らしい、竹富島にしかない活動をこれからもよろしくお願いします。

aids.jpg

(TA)
 

 

投稿者 takidun : 07:12 PM | コメント (0)

December 05, 2007

今日のゆがふ館

 今日の竹富島は曇り。
やや厚手の上着を着けないと肌寒く感じられます。
でも、気温は21度。
意外かと思われますが、これも北風の影響。
石垣島方面から吹く北風はとても強く、体感温度を下げます。
とても気温21度とは感じられません。

ondokei.JPG

 現在の竹富島は11月下旬から団体ツアーが
始まり、集落内は少々あわただしさを感じます。
そう感じられるときは、ゆがふ館内のあたたかい
クミスクチン茶を飲みながら、少しひとやすみ。
テードゥンコラムやテードゥンライブラリーでゆっくりと
島のことを感じてください。
 本日の午前中は、修学旅行生やヒアリングのためご来館
された東海大学の2名の学生さん、団体ツアーのお客さまなど
多くのかたにご来館いただきました。

 お昼のつかの間の静かなひと時です。

yugaf1.jpg

yugaf1205.jpg

 “まちなみ”を卒論の対象にされた学生さんは、
午後から竹富島を探検とのこと。

 是非、素晴らしい卒論を書き上げ、
 また竹富島にいらしてください。

(TA)


 

 

投稿者 takidun : 12:52 PM | コメント (0)