February 26, 2007

第48回 平成19年度 亥歳生年祝い

今年の干支“亥”。
毎年恒例の生年合同祝賀会開催です!

R1014464.jpg

今年度の生まれ歳のお祝いは、50名。

祝賀会恒例の祝宴の部は、日頃の練習の成果を発表する、
こぼし子ども会からの「鷲ぬ鳥節」「デンサー節」の座開きに始まり、

R1014473.jpg

にぎやかな会場の雰囲気に包まれ、各支会からの芸能が続きます。

R1014489.jpg
赤馬○西支会

R1014498.jpg
殿様節○東支会

R1014510.jpg
めでたい節○仲筋支会

R1014524.jpg
カンシルレン○西集落(おばあの世代しか見たことない踊りが久々の復活!)

R1014545.jpg
かぎやで風○仲筋支会

R1014555.jpg
チョーデーグワー○東支会

R1014490.jpg

R1014506.jpg

R1014531.jpg

R1014534.jpg

R1014572.jpg

投稿者 takidun : 01:11 PM | コメント (0)

February 23, 2007

大浦家の修復

赤瓦の家並み、屋敷を取り囲む石垣、その周りをはしる白砂の道。
それらが基本となって構成される、この竹富島の集落全体は、
昭和62年4月28日に重要伝統的建造物群保存地区*に選定されています。

そして今、その建造物の保存のための国の修復が行なわれています。
すでに、旧与那国家住宅の修復事業で伝建築の建築に関わっている、
島の大工さんの力をフルに発揮しての修復事業です。

R1014400.jpg
現在は、屋根瓦の下地となる竹をクージで編んでいく作業です。

*重要伝統的建造物群保存地区
 日本の文化財保護法に基づいて決定された伝統的建造物群保存地区のなかでも、
 特に価値が高いものとして国が選定したのが、重要伝統的建造物群保存地区。

投稿者 takidun : 03:17 PM | コメント (0)

February 17, 2007

八重山商工高等学校 第二回郷土芸能部竹富公演

今夜は、八重山商工郷土芸能部による郷土芸能の公演。
竹富公演は今回で二回目となります。

この、郷土芸能部は2006年11月の県高校文化祭郷土芸能大会では「優秀賞」、4年連続8度の受賞をし、2005年7月の全国高等学校総合文化祭(青森大会)においては「優秀賞」を受賞するなど、大活躍の郷土芸能部です。
会場のまちなみ館には若いパワーと拍手喝采が満ちあふれました。

R1014328.jpg

R1014340.jpg

R1014345.jpg

R1014346.jpg

○幕開け:赤馬節
○高那節
○鳩間節(古典舞踊)
○桃里節
○真栄節
○斉唱:崎山ゆんた、山ばれーゆんた、コイナゆんた
○果報ぬ世ば給うられ〜八重山の種子取祭の芸能より〜
 世迎い、弥勒節、マミドーマ、仲良田、やりくぬひょう、世果報口説、クイチャー踊り
 (2007年全国高校総合文化祭 島根県大会出場演目)
○八重山の海人かりゆし
○村遊び 繁盛節、カタカムレー、あんぱるぬみだがーまゆんた、ションカネ節、黒島口説、山崎ぬアブジャーマ節〜もーやー

投稿者 takidun : 10:46 PM | コメント (0)

February 11, 2007

火の神御拝

2月11日は、旧暦の12月24日。
この日は、火の神(ぴーぬかん)がその家の一年の様子を神様に報告するため
天に昇る日とされています。
そのため、家々では、洗花米・米・五水(お酒)・茶・生花を供え、
家の火の神に心より祈りを捧げます。

投稿者 takidun : 12:04 PM | コメント (0)

February 05, 2007

太極拳

昨日より竹富にお泊まりのお客様がゆがふ館へ訪ねてこられました。
沖縄本島にお住まいの方で、太極拳の先生。

ということで、ゆがふ館でも指導いただきました。
太極拳の基本中の基本として、姿勢と呼吸。
上半身は“虚”といって、力が入っていない楽な状態。
下半身は“実”、腰を下ろして足の裏に体重を感じるように。
この基本姿勢を、動きがある時も保つそうです。
そして、気の流れを体中に感じるように・・・

R1014154.jpg

どうでしょうか?

投稿者 takidun : 12:00 PM | コメント (0)