February 25, 2006

『うつぐみの竹富島』写真集出版記念祝賀会


大塚勝久さんの写真集『うつぐみの竹富島』が昨年末に出版されたことはご存知のこととおもわれますが、お礼の出版祝賀会が竹富公民館主催で2月23日まちなみ館において盛大に行われました。
出席者は200名近くになり、公民館執行部が正装のアイジシンを着け、銅鑼、太鼓の伴奏で羽織袴姿の大塚さんが入場されました。上勢頭同子さん作詞の迎え歌で歓迎し祝賀会は始まりました。
公民館長からは賞状と記念品の贈呈、細原千代さん、新田荘さんから花束の贈呈、老人クラブ会長による乾杯の祝辞が述べられました。余興では、滅多に見ることのできない仲筋支会から『太鼓・段のもの』老人クラブは踊り『八重山の四季』東支会は踊り『兄弟小』青年会は『笑天・古謡』西支会は『わらべ歌』NPOたきどぅん職員一同による『二人は若い』と盛りだくさんの内容でした。最後は『クイチャー踊い』と『モーヤ』と大塚さんの今後の益々の発展を祈り万歳三唱で締めくくられました。

↑NPOたきどぅん職員による『二人は若い』

投稿者 takidun : 08:40 AM | コメント (0)

February 16, 2006

てぃどぅんかりゆし館の展示


港の待合所は観光客や島人の便宜を図るために総合案内や特産品の販売などを行っていますが
、他に色々な展示もおこなっています。先週までは、「新聞で見る竹富島」といった竹富島の最近の記事を展示していましたが、今週からは小中学校の総合学習会の成果物を展示しました。
子供達が学習し、描いた作品が所狭しと並べられています。
旅の機会に竹富の子供達の作品を覗いて見てください。
3月上旬まで展示しています。

投稿者 takidun : 10:48 AM | コメント (0)

February 14, 2006

十六日祭


2月13日は旧暦の1月16日にあたり、グソー(あの世)の正月といわれ、ご先祖を供養する、十六日祭が各家で行われました。お墓の清掃を終え重箱や大皿にご馳走を盛り込んで墓前に供えます。親戚が集まりご先祖の供養を行い、食事をします。竹富のあちらこちらの墓場からは1日、賑やかな声が聞こえてきました。

投稿者 takidun : 08:30 AM | コメント (0)

February 06, 2006

生年合同祝賀会の様子


2/5にまちなみ館で行われた合同祝賀会の様子をお伝えします。

--合同祝賀会の豆知識--
竹富島の合同祝賀会は1960年から開催されました。
それ以前は、各家庭で生年や喜寿、傘寿、白寿等のお祝いを戸別に行っていましたが、公民館の生活改善の一環で合同で行うことにより皆の出費や負担が大きくならないようにと考えられて始められたようです。又、生年のお祝いには厄を祓う意味もこめられています。


会場の盛り上がった雰囲気が伝わってきます。↓


投稿者 takidun : 03:41 PM | コメント (0)

February 04, 2006

生年合同祝賀会

2月5日(日)は、まちなみ館で合同祝賀会が行われます。
この行事は、旧暦の正月から最初の「戌」の日を迎えて、最初の日曜日におこないます。
今年は、戌年生まれの数え年85歳から13歳までの36名と米寿の1名が招待されます。
今年で47回目となる祝賀会はお爺ちゃん、お婆ちゃんの長寿と健康を祝い親戚や家族が集まり、踊り等を披露し島をあげて盛大にお祝いをします。
竹富島はお年寄りをとても大切にする島でもあります。♪

投稿者 takidun : 10:16 AM | コメント (0)