January 25, 2011

西桟橋

西表石垣国立公園の中核を成す
石西礁湖(せきせいしょうこ)に浮かぶ竹富島。

竹富島を取り囲む海には美しいさんご礁が広がり、
訪れる人々を感嘆とさせます。

竹富島は島全体が
西表石垣国立公園普通地域に指定されていますが、
西海岸線
(西桟橋〜コンドイ浜〜カイジ浜〜キダール海岸)は
特別地域の第2種に指定されています。

0125nishisanbashi03.jpg
西桟橋から望む ニーラン海岸、コンドイ浜


0125nishisanbashi01.jpg
1月25日午前の西桟橋

その起点となる西桟橋は、
島内屈指の名勝地として知られています。

一年を通じ、宿泊される多くの皆さまは、
西桟橋に足を運び、
小浜島、西表島に沈む夕陽を眺め、壮大な自然を感じながら
それぞれの時間を過ごします。

また、西桟橋は
2005(平成17)年に国から登録有形文化財の指定を受けています。
現在の姿は1950(昭和25)年に拡張工事が行なわれた際の姿で、
石灰石を乱積みしたのち、コンクリートで固められており、
総延長105m、幅員は4.4mあります。

西海岸に桟橋が建造された経緯は、
悪税として名高い人頭税時代(1637-1903年)に遡りますが、
人頭税が廃止されても、
竹富島の人々の米つくりの拠点は西表島や由布島でした。

太平洋戦争(1941-1945年)終結後、
台湾や戦地からの引揚者により、
島には約2,150もの人々が生活していました。
当然ながら食料の確保が急務であり、
西表島への入出航、荷物の搬出入も頻繁に行なわれていました。
このような状況で桟橋を近代化することは必須でした。

そのため、竹富部落会(現竹富公民館の前身)は、
島の生産人(15才から60才の男性)に
決められた大きさ以上の石を3〜4個持参するように割り当てます。
そして、皆がうつぐみの精神をもって桟橋の拡張工事に参加しました。


0125nishisanbashi02.jpg

桟橋には、登録有形文化財の証とともに、
拡張を指導した当時の方々の名前が記されています。

今でこそ、
美しい夕陽、満天の星空を眺める憩いの場としての西桟橋ですが、
島人の苦しかった時代を偲ばずにはいられません。

(ta)

投稿者 takidun : January 25, 2011 10:26 AM