August 02, 2008

第2回ぶなる(婦人)会学習会

 昨晩は、ぶなる(婦人)会による学習会が
羽山会館(仲筋集落集会所)にて開催されました。

 “ぶなる”という言葉は、“姉妹”という意味です。
婦人の方々が、姉妹のように仲良くお互いに助け合おうという
思いをこめて、竹富島では、ぶなる会という名称を用いています。

 今回の学習会は、芸能に必要不可欠な着付けの講習。

 竹富島では、種子取祭、結願祭、奉納芸能以外にもさまざまな
余興を披露する機会があります。こうしたなか、しっかりと、手早く
衣装を纏うことが大切です。さらに、玻座間村(東、西集落)と
仲筋村とでは着付け方が異なるので、お互いの着付け方を教え合いながら、
自らだけはなく、子どもたちへの着付け方も学びます。

bunaru1.jpg
サジ(頭巾)のかけ方でも5パターンあるそうです。

bunaru2.jpg
ミルクのファーマー(子供)のサジのかぶせ方を練習します。

RIMG0056.jpg
たすき掛けの講習です。演目によってたすきの掛け方は様々です。

学習会は、“ぶなる”の名のとおり姉妹のように和やかで、楽しげに行われていました。

(ta)

投稿者 takidun : August 2, 2008 08:23 AM
コメント