August 01, 2006

七夕願い

7月31日は旧暦の7月7日、七夕願いの日にあたります。
この日、竹富島ではナンカショーロ(七日精霊)といって、各家庭では墓掃除をしたり、お盆を迎える準備を始めます。ユツングミ(四つ組)のご馳走を、霊前に供え、七夕供養を行います。また、衣類、書画などを取り出して、虫干しをするのもならわしです。
午後6時ごろ、ミルク神にゆかりのある与那国家・大山家の当主をはじめ、公民館主事、有志らが、アイヂシン(紺地衣)を身にまとい、弥勒奉安殿に集まります。これは、毎年旧暦七月七日の日に弥勒様を参拝する公民館行事のひとつです。この祭事では虫干しの意味合いもありますが、厳かに祈願を捧ます。
また、一年のうちミルクの面を拝めるのは、この七夕願いと、種子取祭、節祭の三回のみです。
そして、女性がミルク神に近づくことはタブーとされているので、祈願は男性のみで執り行われます。

P1010048.jpg

投稿者 takidun : August 1, 2006 05:48 PM
コメント