August 01, 2004

プイ(豊年祭)


8月1・2日は、竹富島の豊年感謝の祭りであるプイが2日間にわたって行われます。
初日はオンプイ(御嶽プイ)と言われ、六山(ムーヤマ)の氏子たちがそれぞれの親神に感謝を行います。2日目はトゥヌイプイ(刀禰元豊年祭)と言われ、元来、六山の刀禰元(トゥヌイモト)で行われたためであると思われるが、現在では2日目の刀禰元における祭祀は初日に行っています。

詳しくは、下をクリックして下さい。

初日、神司と公民館執行部は、早朝に供物をととのえ、国仲御嶽、清明御嶽、西塘御嶽の神々に豊年感謝の祈願をします。午後1時から顧問と執行部は、六山の参詣に出かけます。参詣は、玻座間御嶽、仲筋御嶽、幸本御嶽、久間原御嶽、花城御嶽、波利若御嶽の順に回ります。これは、六山の親神に対する村を代表しての豊年感謝の祈りであると同時に、氏子たちとの交流の場にもなります。
参詣の際には、銅鑼と太鼓を打ち鳴らし、「プイの道唄」を謡いながら通ります。御嶽の中では、神司たちがウブ入りして、ブン(シュナイ)を供えます。ウブ入りを済ませると、御嶽の庭に座る氏子たちとブンをいただきながら、ミシャクを配膳し「大ミシャコ」を唄い、それから「願いぬ盃」があって、氏子のオンプイは終了します。
執行部などの参詣の一団は、波利若御嶽での参詣をすませると、銅鑼と太鼓を打ち鳴らし、「プイの道唄」を謡いながら集落に入ります。そして辻つじで豊年を祝う島人との交歓の場として激しくガーリが繰り返されて初日を終えます。

さて2日目。早朝、神司と執行部はユー願いを行います。
まずニーラン神石の前で豊年感謝の祈願、それから幸本御嶽、クックバーへ登ります。仲筋集落の入り口や玻座間集落の入り口では、多くの人たちの出迎えがあります。そして婦人の皆さんと共にガーリを繰り返します。
神司と執行部はそれから供物をととのえ、マーチ御嶽、清明御嶽へ参拝して終了となります。
しかしさらに仲筋村では、ハニヤ御嶽で集まり、村中の息災を願うということなので、執行部も加わります。

【プイの道うた】
(プイは六山の氏子たちがそれぞれの親神に豊年の感謝をささげる神事ですが、公民館役員や有志たちが六山を参拝してまわります。このうたはその道中にうたわれます。)

一、平良(たいら)轟(とど)ろしぬ 夫婦(めおと)樋川(ひじゃ)ぬ 落水(うてぃみじ)
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ うり絶(たゆ)るまぎる 色どぅ勝る
      ハーリヌ ヒーヤシューラ ジャンナーヨ

二、安里八幡(あさとはちまん)ぬ 松(まち)抱ぎょる 石垣(ぐしく)
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ うり巻きゅる 如に 我(ば)んぞ巻かしたぼーり
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ

三、円覚寺御門(いんくくじうじょう)ぬ 鬼仏(うにぶとぅき) 前や
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ 我(ば)んぞ欲(ゆく)しすや 見張てぃ 脅(うどぅ)したぼり
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ

四、待ちゅぎたる 今日ぬ日 願ゆたる 黄金日(くがにひ)
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ 今日の 吉日(ゆかるひ)にはじりあぎしたぼり
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ

五、思た事 叶(かな)しょうり 願たすに すなしょーり
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ 数(かず)い 尽(ちく)さらん 浜ぬ真砂(まさご)
      ハーリヌ ヒーヤシューラ ジャンナーヨ

六、○○御嶽(うたき)ぬ 神加那志前(かみがなしまい)や
      ヒーヤシューラ ジャンナーヨ
   ハリ 我(ばん)心あらぬ 肝心(きむくくる) あらぬ 御守りしたぼーり
      御許したぼり

注:六の○○には、参拝の順に玻座間、仲筋ぬ、幸本ぬ、久間原ぬ、花城、波利若を冠してうたう。同様にニーラン、クックバー、マーチ、清明を冠してうたう。


【大(うふ)みしゃく】
この古謡は、ぷい(豊年祭)、なーきよいに六山の氏子たちが、それぞれの祖神にみしゃく(お神酒)をささげながらうたいます。

一、祖神(うやがみ)ぬ 守(まも)ろすぬ みぶけん
  蔵内(くらん)ちぬ しらなみぬ 大(うふ)みしゃこ
      (根(に)ぎういぬ 本(むとぅ)ういぬ 大みしゃこ)
  中盛(なかむ)らし 端盛(はたむ)らし むやそい
      ピャシヨーホ ピャシヨーホ
      ピャシヨーホ ピャシヨーホ
      エーヤハ  エーヤハ
      エーヤハ  エーヤハ

二、根(に)うすいぬ 大みしゃく
  はやしばどぅ 世やのーる
  うやきーしゃーが 世やのーる
  うやき 世なほしぬ
  はーやーせーばどぅ 世やのーる
      ピャシヨーホ ピャシヨーホ
      ピャシヨーホ ピャシヨーホ
      エーヤハ  エーヤハ
      エーヤハ  エーヤハ

投稿者 takidun : August 1, 2004 09:06 AM
コメント

タイミングよく豊年祭2日目の朝、竹富島に滞在していた私。
宿のおかあさんやおばぁに誘われて、はっぴを着せてもらって見学・参加させていただきました。
貴重な体験でしたよ。

Posted by: satomi : August 19, 2004 06:04 PM